So-net無料ブログ作成

Apple Watch 4も結局買った





前回の続きの記事です。

MacBook AirやiPad Proを購入して、その後Apple Storeに行く用事があり、結局Apple Watch4も購入してしまいました。Apple Watchの印象と前回の記事で書ききれなかったことを少し書きたいと思います。

Apple Watch 4は雑誌などで「絶対に買い換える価値がある」ともてはやされています。そんなに素晴らしいものなのかとやはり気になり、ついに購入してしまいました。

スクリーンショット 2018-11-24 12.53.49.png

IMG_7825.jpg

結果は・・・・

正直Apple Watch 3と代わり映えしなかったです。同じ色のストラップを買ってしまったせいもあるかもしれませんが、基本的に使えることは3も4も同じです。デザインも大きく変わったかといえばそんなこともないです。(画面は大きくなりましたが)何か新たに使えるものは何か思い出そうとしても思いつかないくらい同じです。やはりアメリカで使える心電図機能がないと「これは4だけに装備しているスゴイもの」は正直ないです。

Apple Watch2以前と比較すると大きく変わった部分も多いのですが、3を持っている人は正直現段階においてはオススメしません。心電図機能が使えるようになれば話は別ですが・・・。ぶっちゃけた話、Apple Watch 4が一番ガッカリしました。

ところでiPhone XSもXRも使い始めて1ヶ月くらいになりますが、何か早くも値段を大幅値下げとか?正直、

「ふざけんじゃねえよ」

というのが正直な感想です。半年後とかならまだしも販売して1ヶ月ですよ?もし購入済の人に救済策がなかったらこちらもクレームを必ずつけようと思っています。ちょっとひどすぎます。

でもXRってそんなに悪い端末でしょうか?私は少なくてもXSよりはいいと思います。現在XとXSを持ち歩いて写真の比較をしているのですが、場合によってはXのほうが良かったり感じたりします。写真の編集ソフトが違うのでしょうか?全く同じ条件で撮ってもXのコントラストのほうがキレイだったりします。XRはそれに比べると1レベル落ちるのは事実。ただ風景とかの写真は問題ありませんし、写真以外で劣っている部分は使っていて感じません。ただiPhoneユーザーは常に最上級のモデルを持ちたい人が多いようで、Appleストアで聞いてもXS Maxの売れ行きが一番いいそうです。マーケティングの失敗でしょうか?XRを先に出して、XSでもよかったでしょうし、半年くらい遅れて出して、XSの売れ行きを見ながら値付けをしてもよかったかもしれません。

iPad ProとMacBook Air(以下MBA)も購入してからから2週間ほど使ってみましたが、MBAはとても満足しています。買ってよかったと思っていますが、iPad Proはやはり「いい!」と思う部分は少ないのが本音です。

今回Appleが秋に出した新製品を実際に使用してみて、これから購入を考えている人へのぶっちゃけアドバイスを書きたいと思います。

iPhone XS → iPhone Xを持っている人にはオススメしない。iPhone 7以前のユーザーにはオススメ
iPhone XR → iPhone Xを持っている人でも目新しさを求めるのなら。iPhone 7以前のユーザーにオススメ

iPad Pro → クリエーター系の人にオススメ。iPad Pro 10.5を既に持っているビジネスユーザーには全くオススメしない。メディアに騙されてはいけない。

Apple Watch 4:AW3を持っている人は心電図機能がスタートするまで手を出してはいけない。メディアのいうことは信じてはいけない。AW3で十分。

今、私がもしもう一度最初から買い換えることができるのであれば、私は次のものを買います。

iPhone XR
MacBook Air
Mac mini

XSとiPad ProとApple Watch 4は買い控えます。この3つを買い控えるだけで上記の3機種がほぼまかなえます。Apple Pencilで絵を書くような人間ではないので、iPadでは所詮ネットやメールをやる程度です。ビジネスの仕事はやはり基本的にはデスクトップかラップトップです。iPad Proを買うお金があればMac miniが購入できるので、できるだけ高機能のMac mini(3.0GHz6コアプロセッサモデル)を購入し、LGの4Kディスプレイと真っ黒なMagic KeyboardとMagic Trackpad2で統一したら相当かっこよかったのに・・・。私は仕事上、InDesignをよく使うのでこれくらいのパワーがあるMacだったら使いやすいと思います。Mac miniなら値段も安く、場所もとりません。自宅のiMacの調子が悪かっただけにちょっと後悔しています。

まああくまでも個人的な見解と諸事情によるもので、すべての人に当てはまらないので参考程度にしてください。

前回も書きましたが、使っても言わずにどうのこうのと言う人がいますが、全然説得力がないので、発言は控えたほうがいいと思いますよ。アンチの人たちは特に。


nice!(4)  コメント(0) 

Apple秋の新製品の評価 2018






9月13日のiPhone XS発表会からApple製品が怒涛のごとく発表されました。今回こそ何も買うものかと決めていましたが、Appleにそそのかされて結局いくつかの製品を除く製品を購入してしまいました。残りの製品も近いうちに買う可能性があります。

今回購入して実際に使ってみて、良かったもの、イマイチだったもののレポートをしていきたいと思います。ちなみに今回購入したのはiPhone XS、iPhone XR、MacBook Air、iPad Proです。

<よかったもの>
該当製品なし

意外と思う人もいるかもしれませんが、これが率直な気持ちです。まだ購入していないApple Watch4やMac miniだったら「よかったもの」に入っていたかもしれません。理由は後述しますが、昨年のiPhone XのFace IDの驚きから比べるとインパクトは少なかった気がします。

ちなみにApple Watch3は最近のApple製品の一番のお気に入りです。理由はサイクリングで使うのには本当に最高にすばらしい機能がついているからです。Apple Watch 4を手に入れたらまたレポートします。

<まあまあだったもの>
iPhone XR
スクリーンショット 2018-11-17 13.26.03.png

MacBook Air
スクリーンショット 2018-11-17 13.25.33.png

iPhone XRについては売れ行きがイマイチなど、あまりポジティブな報道はされていませんが、私はXSよりも満足感は高かったです。OLEDなど性能は確かに劣るものの、カメラの実際の写真などXSと撮った写真を比べてみてもほとんどわからない範囲です。使っているチップは同じですし、日常使う範囲においてはほとんど差を感じません。OLEDだからといって差を感じる場面は正直少ないです。

では何を評価しているかといえば、カラフルなデザインと6.1インチという絶妙な大きさです。私がAppleを愛してやまないのはそのデザイン性の高さです。使っている素材やその仕上げ具合、描いている曲線、全てにおいて本当に美しい。(アンチの人には何を言っているかわからないと思いますが・・)私は機械式の時計が大好きです。特にIWCが私のお気に入りということはこのブログで何度も書いていますが、Macの仕上げはIWCなどの機械式時計に共通するものすらあります。

その意味で今回のXRに使っているカラフルなカラーはやはり美しいです。私は今回コーラル=オレンジを購入しましたが、見るたびに見とれてしまいます。以前のiPhone 5cみたいな安っぽさは微塵も感じません。また大きさも以前のPlusシリーズやiPhone XS MaxみたいなMax感もなく、いい感じですし、タイプもしやすい。ぶっちゃけXSよりもオススメします。

MacBook Airについては正直発表されると思っていませんでしたし、ネット上の噂でもあきらめムードでした。その意味では本当に驚きでした。現在MacBook Proを使っていて、性能には全く問題ありませんが、何しろ重い。その意味で少しでも軽いMacBook Airは持ち歩きに助かります。また使っているチップも最新のもので、Touch IDなどにも対応しています。特に気に入ったのはMacBook Proではイマイチだったタイプ感が大きく改善されていました。

欲をいえばUSBポート(Thunderboltポート)が2基しかないこと。また同じ方向(=左側)にしかないので電源コードと一緒に何かを使おうとするとちょっと使いにくいので、反対側につけてほしかったです。

MacBook Airについては前のモデルとデザインは同じです。MacBook Airはもうずっと変える必要はないくらい美しいデザインです。先端が細くなっていく独特のデザイン、アルミ筐体の素材やその仕上げ、ネジ一つとっても美しすぎます。(アンチにはわからないと思いますが)

<イマイチだったもの>
iPhone XS
スクリーンショット 2018-11-17 13.26.42.png

iPad Pro
スクリーンショット 2018-11-17 13.27.23.png

私は初代iPhoneからずっと使い続けていますが、XSは今までの中で一番変化の少ないiPhoneではないかと思います。iPhone Xと並べておいたらゴールド以外は区別がつきませんし、性能も写真もほとんど差を感じられません。OS上のアップデートだけではなく、やはりメカ的なものもほしいのが本音です。またこのくらいの小さなアップデートなら値段も下げればいいのに逆に史上最高値のiPhoneとなっているのは残念で仕方がないです。もしiPhone Xを持っているのなら正直オススメしません。がっかり度が大きいと思います。

iPad Pro 11については外観も四角くなり、「新型」を印象づけるデザインですが、某タブレットと似ているのでちょっとイマイチかな? 大きな不満点は2つ。Face IDの精度が非常にイマイチなところです。Smart Coverを取り付けているだけなのに「カメラを認識しません」というメッセージが何度も出ます。特に暗いところではそれが頻発しています。10.5モデルのようなTouch IDの精度のほうがはるかに上です。(Face IDについては私は100%評価していません。ぜひTouch IDを背面にでもつけてほしい)

もう一つはキーボード兼用のスマートカバーです。今回のカバーは単純に二つ折りのカバーで、iPadをキーボードを使わずにタブレットとして使う場合、キーボード部分が背中に位置して非常に心地が悪いです。以前のスマートキーボードは三つ折りになっていて、タブレットとして使う場合はキーボード部分が隠れたのでよかったのですが、今回のデザインはイマイチです。おまけに値段も6000円近く値上げ。部品点数からいえば下がっているはずなのに、ちょっと値上げし過ぎではと思います。

今回iPad ProはAppleストアで初日に並んで買いましたが、私の前で購入した人のほとんどがApple Pencilを購入しているクリエーター系の人でした。そういった用途の人にとってはすばらしいアップデートだったと思いますが、Apple Pencilを使わないライトユーザーでどちらかといえばビジネス用途で使うような私にとってはイマイチと言わざるを得ません。もしそういう用途で探しているのなら10.5モデルをオススメします。

最後にひと言書かせてください。Apple製品のアンチがAppleユーザーを「信者」とか「馬鹿」呼ばわりしているのをネットで見ましたが、そういう輩に限って最新の製品を実際に使ってもいないような人ばっかり。今、アマゾンでベストセラーになっている本があるのですが、その本の評価に「1」しかつけていない人たちのほとんどが実際に読んでもいない人達らしく、それと同類です。人のことはとても気になるけど、自分のやっている行為にはとても甘かったりする人。気になるから何か書き込みたいのだろうけど、私はアンドロイドユーザーやWindowsユーザーには何も思いません。「興味」すらないからです。それで満足するならまあ勝手にほざいておけって感じですか?


nice!(4)  コメント(1) 

Zooey





誰だってもう 傷つきたくない
誰だってもう 汚されたくない
誰だってもう 一人じゃいられない

誰だってそう 殴られたら悔しい
誰だってそう なじられたら悲しい
誰だってそう 無視されたらむなしい

誰もが誰かに 認められたい
誰もが誰かに 尊敬されたい
誰もが誰かに 褒められたい

誰だってきっと 孤立したくない
誰だってきっと 見捨てられたくない
誰だってきっと 報われたい

誰もが誰かに ただ愛されたいだけ

(Zooey/佐野元春 from "Zooey")
nice!(5)  コメント(0)