So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

機内持ち込み荷物は何とかならないか?





先日フィリピンに戻りました。一気に天国から地獄へ。難題が次から次へと。私の教育不足、不行き届きなので責められませんが、フィリピン人にビジネスを任せたらすぐに潰れます。(フィリピン華僑は除く)特に支払い・回収関係など金銭に関わる事は任せるべきではありません。ヒヤヒヤすることばかりです。

さて、今回利用したのはいつものANA。大阪から成田空港経由マニラという便なのですが、この成田空港発マニラ行きの便は羽田空港発と比べると混んでいていつも満席です。理由はアメリカからの乗り継ぎ便として利用されていて30〜70%が乗り継ぎの人です。(関西空港などに乗継便経由マニラ便を運行させたらそこそこの利用者が居そうですが、いかがでしょうか?ANAさん?)

この乗り継ぎ便の利用者の多くが機内持ち込み荷物として小さなスーツケースを持ち込みます。機内持ち込みの荷物は7kgでサイズも規定されていますが、どう見ても10kgオーバーの荷物ばかりで、場所を取るばかりか、頭上の荷物預け入れのスペースに入りきらない大きさです。よって荷物を入れるのに一苦労です。重たい荷物を高いところまで持ち上げなくてはいけないフライトアテンドの方も汗をかきながらの作業で本当に大変そうです。結局多くの荷物が入りきらず、ビジネスクラスの後ろのスペースに大量に置かれていました。この荷物のせいで人の流れを遮るので、結局搭乗が終わったのは出発時間をはるか超えた時間でした。結局そのせいで到着も1時間以上遅れていました。

チェックイン時の荷物チェックは大変厳しく、23kgを1kgでもオーバーしたら荷物の中から物を出さなくてはいけないのに、機内持ち込み荷物がチェックも何もせず、無法状態になり、そのために出発時間が遅れるのは、ルールを守っている立場からするとどうしても声を挙げたくなります。その他のサービスやフライトアテンダントの対応などすばらしい物があるのにこの対応だけは残念です。まあPALに比べたら天と地の差があるので我慢しなくてはいけませんが・・・。(にもかかわらずPALより格安)

私の好みでは

ANA>>>中華航空>キャセイ>>>PAL>>>>>ジェットスター

という感じです。JALは数年前に乗ったきりでわかりません。セブ・パシフィックは基本的には乗らないので除外です。中華航空とキャセイの違いは料金が中華航空の方が安く、乗り継ぎがいいのがプラスポイントです。サービスは大差ありません。

PALもいいのですが、乗っているだけならという条件付きです。値段が高いくせに映画の種類も少なく、アプリをわざわざ入れなければ観ることもできず、機内食は最低限というのがいかにもフィリピンらしいというか・・・。

もしANAの関係者の方がこの記事を読んでいたらぜひご検討をお願いします。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 2

あーちゃ

確かに機内持ち込みは、重量に関してのチェックが、されてない?ですよね。
もっと言うと
体格のいい方が、隣だと本当に困るので、体重割りもして欲しいくらいですが。。(みんなの前で体重をさらけ出すのは嫌という気持ちもありますので冗談ですが)
by あーちゃ (2016-01-19 19:16) 

コバ

自分は成田空港をいつも利用していますが、必ず計測されていましたね。
空港で差があるんでしょうか?
でも確かにマニラでは計測された記憶が...
by コバ (2016-01-20 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0