So-net無料ブログ作成

マニラ初上陸のCoCo壱番屋で食べてきました





昨年の記事でCoco壱番館がマニラにできる(かも)と書きましたが、昨日無事にプレオープンをしたということで早速行ってきました。(グランドオープンは5月1日)

どこでどう知ったのかわかりませんが、既にフィリピン人でいっぱいの店内です。日本人も数組来ておりました。店の外観はとてもキレイで日本のココイチよりも高級路線ですね。

IMG_2197.JPG

私が頼んだのは日本でもこれしか頼まないというロースカツカレーです。(お皿が反対向きでした。)

IMG_2183.JPG

味は見事なまでに日本と同じでした。(ちょっとカレーのルーがねっとりしていて、日本のほうがサラサラかもしれません。)カツはちょっと揚げ過ぎかもしれません。でも美味しかったです。

メニューを見てみましたが、このロースカツカレーは340ペソで、今のレートだと923円となります。これに9%のサービス料込みですと1006円です。日本のロースカツカレーが732円なので1.37倍の値段となります。確かにいつ為替レートが¥1=P0.5 になるかわかりませんから、為替リスクを取っているといえばそれまでですが、私の個人的な意見は正直高いと思います。

IMG_2189.JPG

フィリピンのラーメン屋さんも高いと思いますが、カレーも高かったですね。多分このココイチから一番近くにオフィスがある日本人の一人だと思いますが、今後も利用したいと思います。

私は前の記事にも書きましたが、ココイチがフィリピン人にどう受け入れられるのか楽しみです。今まで日本から来たカレー屋さんやなんちゃってカレーがことごとく受け入れられていないのでどうなるのか注目しています。

このCoCo壱番屋はUCCのオーナーさん(=三ツ矢堂製麺)と同じオーナーさんです。まあYABUのオーナーさんが一風堂のオーナーであったり、山頭火のオーナーがかつ空のオーナーであったり、フィリピンで流行っている日本食は結局一握りのオーナーさんに握られているわけです。(私はラーメンはさすがに食傷気味であまりいかなくなりました。今後は本格的な淘汰が始まると思います。)結局金持ちばかりが儲ける構造は昔とあまり変わっていません。華僑と手を組んでいない日本人経営の店で、これらの店を凌駕するような店がぜひとも現れてほしいと思っています。

マカティからはとても遠いモールESTANCIAの地下にCoCo壱番屋はあります。ぜひ皆さんもどうぞ。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 3

あーちゃ

おお、先日インドネシアでみてきましたが、ここにも登場ですか。
というよりもフィリピンの方が遅かったのが意外です。

by あーちゃ (2015-03-03 09:47) 

yoshi

久しぶりにコメントします。
サラサラのルーとご飯であればフィリピン人に受け入れられそうですがなんで今まではダメだったんでしょう?アツアツなラーメンスープよりうけそうですが・・・ビジュアルがカンテーン料理っぽいからですかね(笑)100ペソぐらいでだせたら大人気かもです。
by yoshi (2015-03-05 07:59) 

ハポン

ケソンシティのトリノマに有る「かつ空」は最悪でした。次々に退店するフィリピン人の客には退店時に大きな声で全員が「ありがとうございました」とか言ってるのに日本人客の時はエントランス付近まで出てきた後に店内から一人が超小声で「ありがとうございました」の後に複数スタッフの笑い声。5000円払ってスタッフに小馬鹿にされて気分が悪かった。普通にオーダーして食事しただけなんだけど、従業員の教育がなってない。フィリピン人に日本人の満足する接客サービスを教育するなんて到底無理な話なんだが、流石に頭に来た。サラダとドレッシング、チキンカツが美味しかっただけに、また来店したいと思ったが、不快な思いをしたくないので次はないかな。
by ハポン (2016-03-19 07:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0