So-net無料ブログ作成

マニラ空港の汚職体質は無くならない





いつもフィリピンマニラ空港については悪評ばかりで話題に事欠きません。つい少し前は銃弾が故意に入れられて世界的なニュースになり、恐喝は日常茶飯事。車を待っている間にカバンが盗難も日常茶飯事です。私はマニラに来るサプライヤーさんにいつも言うのですが、「マニラの空港を無事に通り抜けられたら、マニラの危険度の80%がなくなったも同じ」と思っています。それほどマニラの空港は危険だと思っています。(重大な危険度はそれほどありませんが)

前回も日本に戻る際にこんな事がありました。I-Cardを持っている人に限った話なので観光客には関係のない話としてお読みください。

I-Cardホルダー(=Visaを持っている人のみ。観光客は対象外です)は正規には出国する度に出国税1620ペソに加えて、2170ペソを払わなくてはいけません。これはECC(Emigrance Clearance Certificate)と呼ばれています。(毎年最初の渡航は2870ペソ。10回出国したら合計で38400ペソを払っていると考えたら、結構な値段ですね。)

なぜVisaを持っている人がこの金額を払わなくてはいけないのか未だに不思議で理由がわからなのですが、ドゥテルテ大統領になってから、「2170ペソに含まれている「Express Fee」は何のことかわからないので、こんな費用は廃止!」ということで2017年は請求されませんでした。(一説ではExpress Feeは税関職員の臨時収入として均等割されていたらしく、一人あたり月額相当な額(3万ペソ以上?)支払われていたのをドゥテルテ大統領が廃止をしました。)2017年は500ペソを引かれて1670ペソでした。

しかし2018年になるといつの間にかこのExpress Feeは復活していました。また2170ペソに逆戻りです。おまけに各部門ごとにExpress Feeを乱発しているらしく、先日更新したI-Cardに全て乗っかっていて、そのために更新料が跳ね上がっていました。(Express Feeを4回出され、それだけで2000ペソ)税関の汚職の温床が復活という感じです。

フィリピン以外にもこのような制度をやっている国はあるのでしょうか?

先日日本に帰る際にいつものように支払おうとすると、金額が「2880ペソ」と書いています。「2170ペソじゃないの?」と聞くと、その札を裏返して「2170ペソ」と書いているのを見せます。つまり2880ペソだと信じている人からはその額を徴収しようとしているのです。本当に性根が腐っている輩ばかりです。

さらに驚いたのは2170ペソに対して2500ペソを渡したのにお釣りを返そうとしないのです。その間にいろいろなことを聞かれ(フィリピンで何をしているのかとか、日本でどこに住んでいるとか)お釣りを忘れさせようとする小細工までします。私はこの方法でお釣りをもらうのを忘れたのことが3回ほどあるのですが、前回も実はこの方法で引っかかりそうになりました。人によっては返してくれる人もいますが、何も言わなかったら書類しか返してくれません。必ず「お釣りは?」と聞かないと向こうからは返す素振りもみせません。確信犯もいいところです。

税関職員、入管職員、手荷物係、ガードマン、警察などいい人もたくさんいますが、各場所で獲物を狙っている人もばかりです。いつも書いていますが、国の玄関である国際空港でそのようなことを繰り返したら印象が悪くなるというのはどうも学習できないみたいです。もう20年も同じようなことばかり繰り返しています。管轄する省庁がそんな感じなので、建物がいくら新しくなってもマニラ空港の汚職体質はずっと変わらないと思います。「自分の給料が少ないから賄賂同然の費用の復活は当然」と思っている時点でこの国はダメです。呆れるを通り越しています。もう本当にこの国の公務員はどうしようもないほどダメです。

空港職員がこれだったらフィリピン国内はどんなのか想像ができます。少なくてもビジネスを営む私には魅力的な国だとは到底思いません。憂鬱以外の何物でもないです。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事