So-net無料ブログ作成

Kissako MOA店は閉店しました





2018年1月31日をもってKissako MOA店は閉店しました。9ヶ月という短い間ですが、ご愛顧いただきありがとうございました。Kissako本店、Megamall店は通常通り営業しておりますので、今後ともよろしくお願いします。

敗軍の将、兵を語らずではありませんが、今はそれに至った原因を現在分析しています。しばらく時が経ってからここでまた詳しく書いていきます。株などの投資に失敗したと思えば気が楽になりますが、手塩をかけて作った店だけに寂しさのほうが今は強いです。

経緯についてちょっとだけ書かせてください。

以前ある人が私にこう言いました。

「SMモールに出店するのは大金持ちか大企業でなければできない」

言われた時はSMとビジネスをしていなかったので、ピンと来ませんでしたが、実際に出店してその意味がよくわかります。以前にもSMの事は記事にしたことがありますが、SMは「スーパーマーケット」のイメージが一般的ですが、私に取ってみると流通業というよりは不動産賃貸のイメージが強いです。もう撤退しましたし、守秘義務もないので皆さんの情報共有目的として書かせてもらいます。ただ誤解がないように予め書いておきますが、SM MOAの担当者の方々は本当にお世話になりました。すごくいい人ばかりで心の底から感謝しています。(他のSMとは全然違いました。)

SMは家賃もさることながら、その他の経費がとてもかかります。電気代は毎月ちゃんとモニターをしておかないと、ある日突然4倍くらいの電気代を請求されます。モール時間内の自分の店舗の設備や備品の持ち込みは禁止。モール時間が終わったら持ち込み可ですが、夜間持ち込み料金が取られます。大きな荷物でエレベーターを使用したら1時間450ペソがかかります。

同様に店舗改装のための工事はモール時間中は禁止です。モールが終わってからの夜中の工事になります。交渉にもよりますが、工事期間は約1ヶ月間を言い渡され、その間は家賃は発生しません。通常はそのような期間では終わりません。

また、

夜間に仕事をするとMOAの場合、500ペソ/時かかります。(数字が間違っていたら訂正します。)8時間働いたら4000ペソ、30日働いたら120,000ペソチャージされます。(1ヶ月の無償期間を過ぎたら基本的に家賃が発生しますが、夜間工事代は別途支払いが発生します。)夜間働く場合は働く人の名前とIDを事前に申請し、何を持ち込んでどんな工事をするか工程表を出す必要性があります。

ちなみに私の店舗の場合、デザインは事細かにうるさく指摘されました。(これはMegamallでも同じ)我々の好みだけではデザイン案は通りません。Operation Managerと仲良くなることが非常に重要です。

店舗をオープンしてもSMにはお金を徴収されたというイメージしかありません。一番驚いたのは、店舗の宣伝をするポスターやバナー広告です。(よく通りの真ん中やモールの入り口に置いているもの)MOAの場合、大きさにもよりますが、身長高さくらいのバナーで60,000ペソかかります。一回の経費ではなく「毎月60,000ペソ」かかります。これには驚きました。

ちなみにPOSはオンラインでアドミンにつながれます。POSは勝手に自分で業者は選べません。SMの登録業者からしか買えません。売り上げを操作するなどということはSMでは不可能です。

MOAの場所と広さにもよりますが、私の借りた場所はそこそこいい場所で、平方メートルあたりの家賃はBGCと遜色のない家賃でした。それに上記の経費がかかります。ぶっちゃけた話を書きますと、MOA店の売り上げが3店舗の中で常にトップで、閉店する時もダントツトップでした。

が、経費がかかりすぎました。原因の一つはそこです。もう一つの原因は5%の売り上げインセンティブです。これも痛かった・・・。まあ、それだけの経費をカバーするだけの売り上げがなかったというのが一番の原因です。この件についてはもう少し掘り下げて別の記事で書いていきます。

閉店してつらいのは贔屓にしていただいたお客様から「えーー、何で」という言葉を聞くことです。常連客はフィリピン人が半分、中国人、韓国人などの外国人、観光客が半分(日本人のお客様は全体の1%以下だったので、ほとんど影響はないと思いますが)でした。もう本当にそれを聞くのが辛いですし、今でも胸が痛みます。

ちなみにリース契約前に撤退しますと、6ヶ月のSecurity Depositは没収。本来なら契約期間までの家賃を支払わなくてはいけませんが、これは交渉して免除してもらいました。(契約満了ですと問題がなければ返金されます。)ちなみにSecurity Depositは毎年6ヶ月分支払う必要があります。初回の契約時だけではありません。毎年です。

フィリピンの飲食店の経営は本当に難しい。特にカフェなどは更に難しい。遠慮のないフィリピン人はカフェに2〜3時間居座るのは当たり前で最高で開店から閉店まで12時間居座った方もいらっしゃいました。1席あたりの稼働率、売上高は本当に低いと思います。SMでカフェというのはお金に余裕がある方か、150m2くらい借りるだけの力がないと無理だと思います。

現在SM MegamallではKissakoを引き続き営業をしておりますので、今後ともよろしくお願いします。これらの失敗を経験にして、新たなチャレンジをしています。日本人相手ではないので詳細はここでは書きません。失敗しても成功してもコメントをいただいても何もここでは情報は流しませんので、あしからずお願いします。



nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:仕事

フィリピンはやっぱりダメだ





フィリピンで起業をして12年。いろいろとフィリピンのお客様にはお世話になってきた。(飲食に手を出したのはちょっと後悔しているが・・。)フィリピンで起業して、お客様にご支援をいただいたお陰で、子どもたちの学費も稼ぐことができ、何とか生活をさせていただいている。感謝しても仕切れない。

でも残念ながらフィリピンという国はダメな国だと思う。特に仕組みを作っている役所関係は正直どうしようもない。「フィリピンの制度ってすばらいい」「こんな国に生まれてきたかった。」と思うことは少ない。

現在抱えている問題を少し触れていきたい。

以前にも少し書いたが、新事業を立ち上げようとしていて、そのために新会社を設立することにした。昨年の10月からSECに申し込みをしているのだが、2月8日現在認可が下りない。年末にはいいところまで行ったのだが、年が明けたら謎の「Online導入」により、申請が振り出しに戻った。フィリピンあるあるで、新しいシステムが稼働するには時間がかかる。案の定SECのOnlineシステムには不備が多いらしく、Errorの連続だ。

何とかそれらを切り抜けて「コンプライアンス」という段階までたどり着けた。が、そこから全く進まない。見事なまでに進まない。他の会社の状況がどうなのか知らないが、全く動かない。12月末にはSEC登録が終わって、1月にはスタートする予定だったのにできない。

SECとか役所に人間は(それに限らないけど)他の人のことなどどうでもいい。申請者が困ろうと知ったことではない。自分の仕事に影響がなく、お給料を毎月もらっていれば、急ぐ必要なんてまったくない。「SECの申請?」「だから?」「で?」みたいな感じだ。システムに問題があるのは担当者の責任で、組織の問題ではない、とすらきっと思っている。

1ヶ月も2ヶ月もスタートが切れなくて収入がないのは痛いのだが、もうどうしようもない。フィリピンってそういう国だ。

もう一つの問題も触れておく。

今年がACR(外国人登録証)の更新年だ。更新月は9月なのだが、今回の滞在以降に1ヶ月以上マニラに滞在するのは7月以降になる予定だ。少し早いのだが、今回は長期で滞在しているので、この機会に更新をしておこうと思って、いつもお願いをしている弁護士に依頼をした。

すると先日連絡があり、「2007年と2008年はAnnual Reportに行っているか?」と質問を受けた。このブログでも書いているのだが、2008年に実はパスポートとACRカードを紛失していて、両方とも再発行してもらっている。その際にパスポートに挟んでいたものも同時に無くなった。Annual Reportの領収書も然りだ。だから支払っているという証明書は残っていない。

2013年にもACRを更新しているが、その時は何も言われなかった。2012年には前年2011年に更新をしていないことを指摘され、2000ペソ以上のペナルティーを支払った。どちらの場合にも2007年と2008年を支払っていないことなど言われなかった。2018年になってなぜそんなことを言われなくては行けないのであろう?ペナルティー額は5000ペソ以上。

もう11年前の事など正直忘れてしまっている。支払っていないのなら2009年の時点でなぜ指摘されないのであろう?なぜ毎年指摘されずにいたのか?まったく意味がわからない。

実は同じような事が輸入者免許の更新のときにも指摘された。Withholding Taxを2008年と2011年に抜けているところがあるからペナルティを支払えと指摘された。過去の書類をかき集めて調べたところ、そのうちの半分以上が支払い済で、税務署側の入力ミスということが判明した。フィリピンの役所関係は「入力ミス」というのが極めて多い。アニュアルレポートでも入力ミスなのかもしれない。

毎年アニュアルレポートに行っていて、わからなかったのだろうか?なぜ今になって指摘を受けるのか?11年も前のアニュアルレポートの未払い(P310)をなぜ今になって指摘されなくてはいけないのか?

毎年毎年毎年こんなことの繰り返し。もうバカバカしいにも程がある。こいつらと話していたら自分が見下されているようで、本当に気分が悪い。

でもここはフィリピンという外国。その国のルールには従わなくてはいけない。たった5000ペソに異議を申し立てて、ブラックリストにのるのは得策ではない。冷静に考えなくてはいけないと自分に言い聞かせている。自分で選んだ道なのだ。

選ぶべき道はたったひとつ。出ていけばいいことだ。フィリピン脱出を一刻も早めることだ。飲食は最悪全て手放してもいい。後悔はあるが、未練はない。もうそろそろ我慢も限界に来ている。次のACRの更新はもしかしたらないのかもしれない。何がいいんだろう?この国の?


nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:仕事

BGCのラーメン蔦の評価はなぜ低い





随分前の話だが、BGCにオープンしたミシュランラーメン店、Tsuta Ramen(Japanese Soba Noodle蔦フィリピンBGC店)に行ってみた。

IMG_3815.JPG

あまりこういうことはブログでは書かないようにしているが、正直味については「物足りなかった」。日本の巣鴨のラーメンもこのような味なのかぜひ確かめたいのだが、しばらく東京に行く機会もないし、確かめようがない。

IMG_3817.JPG

何が物足りなかったかといえば、上品すぎるというか、言い方は悪いかもしれないがラーメン特有の下品さがかけらも感じなかったことである。

IMG_3819.JPG

この味にはフィリピン自身も満足はしていないようで、ネット上には辛辣な言葉が並ぶ。中には最高点を付けている人もいるが、コメントの内容を見ると本当に味で評価しているのか本当に疑わしい。要はフィリピン人にはウケが悪いのは確かなようである。

フィリピン人は一般的に濃い味が好きである。中でも「豚骨」系のラーメンは大人気だ。ラーメン凪、一風堂をはじめとして、豚骨系ラーメンは未だに人気は衰えていない。またMendokoro Ramenba - 麺処ラーメン場はフィリピン人の中でも「イチバン」の呼び声が高く、毎日行列が絶えない。売り上げも桁違いらしい。

フィリピン人にウケる要素はいろいろとあるが、味もさることながら「海外から来た」事が非常に重要だ。私もカフェをやっているがそのことは身をもって体験している。こういう言い方は競合店に失礼なのだが、私が仕入れているコーヒーや抹茶や日本茶のクオリティーはフィリピンのどの店にも負けない自信がある。コーヒー豆については日本でも非常に高い評価を受けている「堀口珈琲」を持ってきている。飲み比べてみるとわかるが、明らかに味が違う。抹茶にしてもそうだ。お茶の品評会で毎回高評価を得ている京都宇治田原や京田辺のお茶屋さんから私自身が足を運んで仕入れている。

これまた失礼な言い方だが、競合の会社が北九州から来ているのに宇治から来ていることをを名乗ったり、宇治茶でないのに宇治茶と宣伝していたり、フランチャイズしている会社が日本の会社じゃないことは知っているし、言いたいこともたくさんあるのだが、お茶を少しでもかじっているものからすると、やはり競合のお茶は私からすると品質が落ちる。宇治茶の高級抹茶は100ペソそこそこでは「絶対に」提供できない。ましてや生産者→卸売→小売→輸出業者→フィリピン輸入業者→最終顧客まで間に入っているようなお茶はどんな品質なのかは想像がつく。われわれは生産者→卸売→フィリピン小売→顧客というように少なくてもいい製品の仕入れ価格は相当安く仕入れている。

でもフィリピンスタンダードからいえば、フィリピン人は競合の抹茶カフェのほうが好きなのだ。まず日本から進出してきた、というだけでフィルターがかかる。それだけで大きな差だ。飲んでもいないのに「日本から来た=品質がいいもの」と受け止められる。味の好みは本当に千差万別で定義などできないが、日本で優れた品質のものでもフィリピン人に受け入れられるかどうかは別問題だ。日本人でも東京の人は静岡のお茶を好み、宇治茶のうま味が強いお茶は昔から好まれないのと同じで味覚にも国民性がある。「品質」という概念を捨てて、抹茶ではなく単に品質の悪い緑茶を粉茶にして、着色料を混ぜて、思いっきり甘い飲み物にして50ペソくらいで売ったらウケるかもしれない。それくらいフィリピン人は一般的に味には疎いと思う。

一方でフィリピン発のレストランでも流行っているところはたくさんある。カフェでいえば「Single Origin」とか「Wild Flour」などだ。Single Originのオーナーは知り合いなのだが、上手に経営をしていると思う。アルコールを上手に組み入れて、昔で言う「カフェバー」的な店を作るのがすごく上手い。じゃあコーヒーはどうかといえば、褒めちぎるほどではない。

口コミサイトを読んでみてもわかるが、日本でも最近はネットでの書き込みが社会問題になったりしているが、フィリピン人の書き込みも相当なものである。「お客様は神様」信仰の強い日本人が読むと、「偉そうに書くな」とかよくコメント欄に書かれるが、やはり書き込む内容にも限度がある。フィリピン人の思い込み度は少し常軌を逸していることもしばしばある。勘違いや間違った情報によることが多いので気にしなくてもいいのであるが・・・・。

あくまでも私の固定概念で書いているので真に受けないようにしてほしいのだが、フィリピンでウケるためには、

1. 味付けが濃いもの(しょっぱい、甘いがハッキリしているもの)
2. 日本から進出してきたもの
3. インスタ映えすること

がキーポイントの重要な要素かもしれない。とにかく日本でウケてもフィリピンではウケない可能性も高い。

ラーメン蔦を実例で挙げてしまったが、他にも苦戦していることろもいくつも聞く。日本の評判は捨てて、一から構築するくらいの気持ちでやらないとダメなのかもしれない。品質がいくら良くてもフィリピン人にはわからないし、関係ない。ただの日本人の幻想なだけだ。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

フィリピン人のサイドライン





昨日の記事で「フィリピン人のサイドライン」について書いたが、もう少し深く書いていきたい。

サイドライン=副業のことだ。ローカルフィリピン人は例外もあるだろうが、お客様と接する機会が多い職種の人のほとんどが手を染めているのではないかと思うくらい「サイドライン」の申し出が多い。実例を挙げて紹介する。

1. エアコン掃除
フィリピンのエアコンは汚れる。半端じゃなく汚れる。(公害のせい)私は3〜4ヶ月置きに掃除をしているが、過去にはいろいろな会社に頼んでいた。そこから派遣されるスタッフの99%から「会社を通さずに直接連絡くれれば直接掃除に伺います。サイドラインです。」と言われた。数社に過去頼んでいるが、例外なくオファーがある。今は業者に頼むのを辞め、自分で会社を興した人に依頼をしているので、サイドラインはなくなったが、エアコン掃除のサイドライン確率は高い。

2. エアコン販売
某日系のエアコンメーカーに直接コンタクトをしてエアコンを購入しようとしたことがある。通常メーカーは代理店を紹介して見積もるのだが、この時は「直接見積もりを出します。」と言ってきたのでおかしいなと思った。実際見積もりが届いてみると、その担当者の名前で送ってきたが、見積もりに記載している会社名が日系のメーカーではなかった。問い詰めると「会社に黙って自分の会社を設立しています。サイドラインです。うちから買ったほうが安いですよ。」とあきれた答え。申し訳ないが日系メーカーに連絡させていただいた。その後どうなったか知らない。

3. Globe
カフェのWiFiはGlobeだ。ネズミに回線をかじられてミーティングを持ったという話は最近の記事に書いた。その後、ケーブルの修復について設置をする部隊(別会社)から連絡があり、どうするか相談があった。すると「サイドラインで私に依頼しませんか?Globeの半額でやりますよ。」と巧みな誘い。一瞬頼もうかと思ったが、トラブルが多いGlobeで、その彼がどれだけ責任を持ってくれるかわからないので、丁重に断った。あとからGlobeから連絡が来て、値段が彼の半分と聞いて、この手のサイドラインには引っかからないようにと思った。

4. ケーブルTV
某ケーブルTVの設置チーム。「サイドラインで○○払えば、会社に黙ってアップグレードしますよ。」と言われ、少額だったので支払ってみると、本当にアップグレードされていてびっくりしたことがあった。数年後、今度はケーブルTVのセールスと称する人が「年間契約をサイドラインで契約したら6ヶ月はタダにしてあげるからどうですか?」とオフェアーされ、以前の経験から疑うことなく現金で支払ったら、実は詐欺師で真っ赤なウソだった。現金は盗まれ彼はトンズラした。

5. ガス配管
エアコンと全く同じオファー。「会社に黙って直接コンタクトしてください。」だって。

6. 車の保険
以前某ディーラーで車を購入した時、保険を会社経由でなく知り合いの保険会社を紹介される。「サイドラインです。こっちのほうがお得ですよ」だって。

ずっと前に書いた記事にコメントがあり、「フィリピン人は99%が泥棒と思え」と言われたが、その後メイドに服を盗まれて逃げられたりしたことが数度あり、あながち嘘ではないなと思っていた。「民度」と言われればそれまでだが、残念ながらその手の民度は下のクラスにいけば低くなる。彼らが所属している会社と全く違うビジネスで、会社に迷惑をかけないレベルであれば許せるかもしれないが、本来会社が得るべき収入を、社員が黙って懐に入れてしまうのは泥棒と同じだ。彼らも手口が巧妙になっていて、なかなか足がつかない様になっている。設置費や技術料など「モノ」の販売には基本、手を付けないが、以前ある会社の社員が会社のストックを勝手に持ち出しているのを見て、驚いたことがあった。

この手の話が本当に多いフィリピン。私はフィリピンでお客様や自分のスタッフを除けば信用できる人は本当にごく僅かだ。心の片隅のどこかで必ず疑っている。騙されるよりマシだから。


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

信用のおけないフィリピン人





過去に何度もブログで書いているが、私のビジネスの柱は食品工場向けの機械を日本から輸入し、販売メンテをみる仕事である。このことも以前に記事に書いた気がするが、このビジネスにおいて起業をしてからずっと守り続けている自分向けのルールがある。それは、

「ローカルフィリピン人がオーナーの会社には極力販売しない=お客様は華僑もしくはローカルの会社でも日本と取引がある会社」

というルールである。これは私だけが守っているルールであり、人に押し付ける気もないし、本来なら言うべきことではないかもしれない。

何故か?

理由は一つ。ローカルフィリピン人はビジネスにおいては信用できないからである。

私が扱っている機械の金額は少なくても7桁〜8桁の機械が一般的で、基本的に失敗は許されない。仕様の間違いなども命取りだ。初期の頃にスタッフに見積もりを作らせて、桁を1桁間違えて大騒ぎになったことがあるが、それ以来、どんな見積もりも私自身が作成している。「コップを割った」とか「お釣りを間違えた」というレベルでは済まないからだ。

フィリピン人はとにかく約束は守らない。守秘義務という言葉は都合のいいときにだけ使う。契約書でなんて書いていようとも「なんとかなるだろう」と思っていて、いつでもコロコロ変わる。

昨日もこんなことがあった。カフェで使っている冷蔵庫が壊れて、パーツの見積もりが取り、それに基づいてPOを送付したら、「支払い条件が違う」という。「お前の作った見積書をよく見てみろ」というと「うちの会社の支払い条件は前払いが基本です」と見積書に書いてあったことをもう忘れている。一事が万事これなのだ。どんなに間違っていようが、都合が悪くなると勝手に条件を変えてくる。言い訳をする。そういう「無意味な」やり取りが延々と続く。そういうのがとてつもなく嫌なのだ。

今回の件だって、私だったら「すいません、見積書の支払い条件を書き直すのを忘れてしまい、違う条件を書いてしまいました。申し訳ないのですが支払い条件を変更した見積書を送らせてもらってもいいですか?」という。人間完璧な人間などはいない。間違いはある。その時にどう対処するかだ。素直に謝ればいいのだが、フィリピン人のデフォルトは「言い訳がまず最初」だ。

カフェなどのビジネスならまだ許せる。(許せないこともたくさんあるが)機械ビジネスでは失敗は許されない。「買う買う」と言って、4トントラックで移動しなくてはいけないような機械のデモをさんざんするだけして、戻って機械を故障させておいて「買わない」という人がどれだけ多いか・・・。ダメージの保障の話をするとまた延々と議論が続く。彼らが非を認める訳がない。

最近の若いフィリピン華僑は変わってきたが、基本華僑は「約束を守る」事がビジネスの基本だ。一度言ったことを覆すことも稀だ。「信用」をとにかく重んじる。だから彼らとの付き合いは長く続く。12年起業をしてきて、華僑から回収できなかった事は一度たりともない。問題を起こすのはたいていローカルの人間だ。

華僑は華僑でも話にならない人も中にはいるが、そういう人とは付き合わなければいい。ほんの少数だ。間違ってもフィリピンローカルが社長の会社から何かを仕入れて、他社に販売するなどやめたほうがいい。知らない間に直接コンタクトされて売られているのがオチだ。コラボなど絶対に無理だ。過去何度その言葉に騙されてきたか・・・。何度黙ってこっそり売られてきたか・・・。

もう一つフィリピン人で気に食わないこと。最近「サイドライン」と称し、勤めている会社の本業を自分の懐に納めてしまうスタッフが多いこと多いこと。依頼する方はTPOで使い分けたらいいと思うが、目に余る行為が最近増えている。特定企業を書いたら本人がクビになりかねないので、差し控えるが、ボスの目が届かないところで彼らは何をやっているのかわからない。「それはあかんだろ」ということを平気でやるようになってきた。相変わらず「泥棒の精神」はいつまでたっても治らない。会社の経理で現金を抜かれたなんてことは普通にあるのではなかろうか?

とにかく信用したくてもフィリピンローカルは危なっかしくてとても無理だ。大事なことは自分でやる。手間がかかっても大きな損失を避けるのにはこれが一番。こんなことを書いたらまた何かお叱りを受けそうだが、私のビジネスにおいてはこれが事実である。

さて日本人はどうかといえば、ノーコメントとします。フィリピンにいる日本人はいろいろな方がいますから。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事