So-net無料ブログ作成

バリックバヤンボックスが使いにくくなる?





現在日本に帰っています。

日本に帰る飛行機の中で太ももを虫に刺され(多分ダニ?)、放っておいたらどんどん腫れがひどくなり、病院に行って麻酔をして切開手術を受けることになってしまいました。それが原因かわからないのですが、膝に水が溜まり、太い注射3本分(200cc以上)を抜く羽目になり大変な思いをしました。もし虫に刺されたら放置せずに病院に行きましょう。

いつも日本に帰ったらバリックバヤンボックスでインスタントカレーとかラーメンなどの食材を送っているのですが、今回箱を取り寄せた時に業者から連絡があり、7月にフィリピン税関から大幅なルール改正があったということです。

基本的にバリックバヤンボックスは海外で働くOFW(フィリピン人の海外就労者)もしくは海外に移り住んだ人がフィリピンに住む家族に向けて送る品物に対して、簡易通関で免税で送れるというシステムでしたが、最近はフィリピン人以外(日本人など)バリックバヤンを使って、ビジネスで使うものなどを隠して送る人が絶えず、言ってみれば密輸状態が横行している状態だったので、今回規制を強化したようです。

送ってきた通知を要約しますと、

1. フィリピン人OFWが送る時は家族もしくは親戚(4世代まで)に限り、年3回までとする。1年に送る品物の合計金額は15万ペソを上限とする。
2. 日本人が送る場合は、

・ 品物の金額は1万ペソ(日本円で2万円)を上限とする
・ 新品の製品や食品を送る場合には、領収書のコピーを添付しなくてはいけない
・ 新たにInvoiceの代わりになる「Information Sheet」を記入、添付しなくてはいけない

IMG_5673.jpg
今回出された通達

ということです。実質大幅な規制強化で、今後はビジネスなどで食材やパーツなどを送っていた人は1万ペソという制限があるので今後は実質的に送れないことになります。虚偽の申請がバレた時は日本側では公文書偽造になると業者は言っていましたが、輸出の際には特に問題にならないと思います。問題は現地でX線検査などがあって、引っかかったら箱は没収の上、廃棄となるか、高額な税金を支払って引き取ることになると思います。

元々バリックバヤンボックスは「特別な」海外輸送方法で、通常はこのようなものはどこの国も認められていないので、今回の処置は仕方がないかもしれません。DHLやEMSなど正規の方法で今後送る必要があります。ご注意ください。

普段輸出入をしている立場からすれば、1万円くらいであの大きさと量が送れるのがバリックバヤンの最大の魅力で、私は現地で必要があれば税金を支払ってもいいと思います。DHLとかFEDEXは現地輸入経費が非常に高く、以前機械のカタログをFEDEXで送ってもらったら、現地の通関費用で2000ペソとか取られたことがありました。ここまで厳しくするからにはフィリピンの税関も国際基準に則り、適正な関税と汚職のない通関をぜひ実現してほしいものです。(絶対にムリだと思いますが)

今後お気をつけください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

やっぱり晒すことにした





前回の記事の続きである。

皆さんのコメントにもあるように、やはり失礼極まりない。別にサービスが悪かったわけでもなく、提供した商品も特別悪いところはなかった。メニューをみれば値段は事前にわかる。値段を見て帰るお客様も何人もいる。

なぜ購入してから文句を言うのか?許しがたき愚行である。もしこのブログを読んでいるのなら悔い改めてほしい。

しかしやはりどうしても許すことができない。若者と中年の2人組だが、若造のほうがほざいていた。その時の顔といったら・・・。若い方はおかっぱ頭で朝鮮系に見えないことはないが・・。本当に日本人だろうかと思う一方、中年の方はどう見ても日本人である。

この顔にピンときたら110番、もといこのブログまでご連絡を。









IMG_5646.PNG

IMG_5647.PNG

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事

日本人に罵倒されました





カフェの1号店を開いたのが2014年10月20日。もうすぐ3年になるカフェにいろいろな人が訪れていただいた。いろいろな意見をいただき、うれしい思いも悔しい思いもしたが、全てが建設的な意見だったのでありがたく参考にさせていただいた。

しかし本日の午後2名の日本人がMOA店に訪れてバリスタに対して罵倒をして帰っていったそうである。「お客様は神様です」という世代に育ち、そう思ってきたが、今日の出来事は流石に看過するわけにはいかず記事にさせてもらう。文中不適切な言葉が並ぶと思うがどうかご容赦いただきたい。

ことの顛末はこんな感じである。(バリスタのレポートに基づく)

お昼過ぎ(正確な時間はわからないが)、お客様もひと通りはけて平日の比較的人が少ない時間帯に日本人2名が入店してきた。頼んだのは1人が堀口コーヒーともう片方が抹茶フラップ(正確に書くとBlended Matcha Oleo)を注文してきた。服装は一人はビジネスの着こなしで、もうひとりがポロシャツというラフな格好だったらしい。しばらくするとポロシャツを着ている方が、レジカウンターに歩み寄ってきてバリスタに対して文句を言い始めたらしい。(英語を意訳しているので同じニュアンスどうかはわからないが)比較的流暢な英語を話していたそうなので、ビジネスをしているのは間違いない。30代位の年齢だったそうなので退職者ビザで来ている感じではない。

内容としては、

「値段が高すぎやしねぇか?」
「スタバのほうが安いじゃないか?」
「何だこのインテリアは。だっせなぁ。何にも特徴がなくセンスが無いな」
「店のコンセプトも何も新鮮じゃないな」
「頼んだドリンクも何にも新しいのが感じられねぇな。何だありゃ?」

等など言いたい放題言って帰っていったらしい。

たった1杯のドリンクでそこまで言えるというのは、このブログを読んでいて、喧嘩を売りに来たとしか思えない。私も勝ち気な性格なので売られた喧嘩を見て見ぬふりをすることはできない。

再度言うが、何度も足を運んで、全ての品物を頼んでの評価であるのなら耳を傾ける価値もあるが、1杯のドリンクでどうしてそこまで言えるのであろうか?彼の真意は何なのか?競合会社から来ているのであろうか?単なる嫌がらせで来店したのか?

値段が高い?どんな生活をしているのだろう?ネスレの3 in 1と比べているのではないだろうか?われわれは抹茶関係は日本の京都宇治から「本当の抹茶」(他で使われているようなモガ茶など一切ない。おまけに京都府産の抹茶で石臼で挽いたものだ)を持ってきている。コーヒーについては日本のスペシャルティコーヒーの先駆者であり、現在も世界で一番美味しいコーヒーを提供している堀口コーヒーから仕入れている。同じ抹茶を日本で飲んだらどのくらいの値段がするのか知っているのだろうか?堀口コーヒーを世田谷本店で飲んだらいくらで出しているのか知っているのであろうか?半分以下の価格で飲めるのに「高い」のか?何と比べて高いのか?

過去に何度も書いているが、われわれの利益率は正直非常に低い。特に仕入れ商品やコーヒー関係は業界の常識からは外れている。それを知った上での暴言なのか?

スタバより高い?何が高いのか?スタバと同一の商品は「意識的に」値段を下げている。具体的に何が高いのだろうか?

色々と書きたいことはあるが、もしこのブログの読者が何か物申したくて来店したのならオーナーである私に正々堂々と言ってほしい。バリスタを虐めて有頂天になっているのならアホ以外何者でもないが、何かいいたいのなら私に言ってほしい。

またそこまでいい切れるのならさぞかしその人は素晴らしいカフェを経営していて、さぞかし格安のものを提供しているのであろうからぜひ見せていただきたい。よくフィリピンにいる輩が、フィリピン在住の批判をするだけしている人が実は日本在住でフィリピンにはほとんど来ないという人が実は結構いる。今回罵倒した人間がどうかその手の人間ではないことを願いたい。まさかサラリーマンで現在WTCで開催しているWOOFEXの展示会に参加するために来ている人とか言わないでほしい。

何を言うのも自由だ。でも言うからにはその言葉に責任を持ってほしい。われわれは小さなプライドをもってカフェを経営している。少しでもおいしいものを提供しようと頑張っている。フィリピン人にはそれなりの評価をいただいている。今日の罵倒については私だけではなく、カフェのスタッフ全員が怒りを感じている。「お前は何様やねん」と。

幸いなことにMOAのカフェではCCTVは鮮明に映るようにHDカメラを設置している。今日のことも鮮明に記録されている。本意ではないが場合によってはTwitterかブログで本人の顔を出すかもしれない。そうならないことを願う。

もう一度書く。われわれが提供する商品に対してどんなふうに思うと自由だ。口に合わず美味しくないかもしれない。日本のものと比べたら味が落ちるかもしれない。われわれはそう言って助言をしてほしい。そういう意見は素直に聞くし、むしろ意見を言ってほしい。でも罵倒は許せない。他のものを何も頼んでいないのにもかかわらずなぜそこまで言えるのか?罵倒するだけのバックグランドを持っていることをわれわれに示してほしい。

だからPrimerとかまにら新聞に広告出したくないんだよなぁ。こういう輩がいるから。

普通同じ在比だったら同じ同胞を応援しない? 普通? だから日本人は「特殊」って言われるんだ。フィリピン人にはムカつくけど、こういうことを言う人は知っている限りいない。

競合さんだったらまた後日書かせてもらいます。明日以降にCCTVのビデオが届きますので。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事