So-net無料ブログ作成

ポイントカードの導入は何も役に立たなかった(加筆分あり)





昨年からうちのカフェにてポイントカードを導入しましたが、昨年末でそのサービスを終了しました。(以前にも記事に書きました。詳細はここをクリック。)ポイントカードとは日本でよく発行している無料のカードで、支払うたびにポイントが付くという類のカードのことです。その経緯をブログに残したいと思い、記事にしました。尚、実際のサービス名や会社はその会社のサービスの妨げになるかもしれませんので、匿名とさせていただきます。

カードを導入しようと思ったのは、スタッフの一人がカードの運営会社のスタッフと知り合いで、またカード運営会社もフィリピンの会社ではなく日系の会社がサービスの運営母体だったので、目新しいものを導入して他社と差別化をしたいということと、マーケティング戦略上のデータ収集には最適だと思い、導入を決めました。メリットのうち特に期待していたのは、カードによるお客様の囲い込みとリピート客を増やしたいと思ったことです。

具体的にカードに付帯したサービスとしては、

1. カードにプリペイド方式でチャージができ、1000ペソを1回でチャージをすると5%のボーナスを付ける(=1050ペソになる。2000ペソなら2100ペソ。)

2. 100ペソを使うたびに1ポイントのポイントを付与。10ポイント毎にコーヒーもしくは抹茶ラテが無料。

3. メールマガジンの発行。誕生日には特別なボーナスの発行。無料ドリンクの提供

などフィリピンの飲食店にしては比較的太っ腹なサービスだったと思います。(スタバカードなどプリペイド機能が主でボーナスは通常つかないのが多い。)カードの発行は無料です。

結果論からいえば、その目論見は外れました。店サイドの他のメリットとしては、プリペイドなので事前に入金が入るわけで、いやらしい言い方をすれば、カードを使おうと使わまいが、現金としては残るわけです。チャージに有効期限をつければ使い切らなかったものは店側の利益になります。

しかしうちのカフェのお客様に限れば、そういう運用ができませんでした。フィリピン人特有の行動なのかわかりませんが、ほとんどのお客様が注文する金額きっちりにしかチャージをしません。1000ペソ以下でボーナスがつかない場合はカードを使わず、現金とで支払い、多人数で来る場合のみ合計金額に近い金額をチャージします。おまけにカードの発行枚数も少なく、リピートで来るお客様も少なかったので、目論んでいた囲い込みもほとんどできず、ボーナスとポイントをひたすらお客様に渡していたような感じで、店側のメリットはほとんど感じませんでした。

スタバの年末のプランナーのプレゼントを目当てにカードにスタンプを押す人がたくさんいるのを見て、フィリピンでもポイントカードは受け入れられると思いましたが、甘くなかったです。毎月数千ぺそのサービスチャージがかかり、メールマガジンを送ろうとすると、実際に送ってもいないのにサービスチャージとして毎月の基本料よりも高い数千ペソも取られます。カードの導入効果の売り上げ増加分と毎月の使用料を比較したらとてもではありませんがペイしませんでした。

以前フィリピンのあるレストラングループが、会員カードを有料で作って(2000ペソ?)、1年間有効のカードを使うたびに10%(15%?)の割引が得られるというサービスを行っていましたが、フィリピンではその手の内容の方がいいと思います。ほぼ毎日来るような人向けには赤字になりますが、少なくてもカードの効果で毎日来てくれるわけですし、90%以上のお客様は月に1度来るか来ないかのお客様です。有料でカードを提供して、ディスカウントを多くした方が店側のメリットは大きいと思います。この手のカードは多分月々の使用料は取られないはずです。

弁護するわけではありませんが日系のカードの提供会社は日系にしては月々の使用料は安く、リーズナブルだと思います。ただ上述にもありますが、メールマガジンなどの付帯サービスが非常に高いのと、こちらからデータを取りに行かないと何も教えてくれません。真ん中に日系の代理店が入っていましたが、もともとは全く畑の違う商売をしている会社なので素人に近い感じです。代金回収は一生懸命やりますが、契約後は何も面倒を見ず、フィリピン人の担当者は自分が何をしているのかわからないというのも正直な感想です。だから我々サイドにしてみると何がメリットでやっているのか全く感じないまま時ばかりが過ぎてしまいました。(日本のカード提供会社も代理店の質については指摘していました。)

実例を書くと、1ヶ月の中で100ペソしか使わなかったお客様が1人しかしかいなくても(実際にあった話)、毎月のシステムの使用料は数千ペソを支払わなければならないという、バカバカしいことが起きていました。止めたいという段階になって「こういう提案もできるけれど」ということを代理店はいいますが、それまで何もして来ないのによく言うよ、と言うのが本音です。この代理店については言いたいことがたくさんありますが、ここでは控えておきます。オーナーの人柄や社員に対するしつけがよくわかりました。まあ日系の会社でもフィリピン人が絡むと信用度合いは低くということです。特にこの代理店は導入時も運用時も何も言わず提案もせず、何のための代理店だったのかと今さらながら思います。

われわれもよくわからないまま導入を決めたというのもあり、一概に先方を責めるわけにも行きませんが、それを差し引いても店側、システムの提案側、ユーザー側にとって誰もメリットがあったとは思えません。今後フィリピンの他のレストランで成功事例が出て来るのか興味を持って見守りたいと思います。

同業者であるレストランなどにこのカードを進めるかといえば正直「NO」です。上述しました通り、何がメリットなのか未だにわかっていません。われわれのやり方がまずかった点を差し引いたとしても月に数千ペソを出してまで導入すべきサービスかといえばそうではありません。このシステムの一番の問題点は目に見えて効果が現れないことです。「導入後にはこんなに売上が伸びました」と代理店はいいますが、それがカードによる効果なのか、他の宣伝効果によるものなのかはわかりません。まあ代理店自身がプロ意識を持ってやることが重要ではないでしょうか?もし同様のカードを検討している飲食店がいたら、その代理店に「目に見えるメリットを示せ」と聞いてください。何も出てこないと思います。日本側のノウハウはフィリピンでは全く役に立ちません。

うちのカフェでは紙の会員カードにスタンプを押すようなシステムで十分です。二度とハイテクなシステムには手を出しません。そういうことが無駄になるというのがわかっただけ勉強になりました。ハイ。


12年目に突入





祖母の葬儀への出席、フィリピンからお客様の来日に伴う東京出張などバタバタが続き、創業日をすっかり忘れていた。12年目にいつの間にか突入である。

今年は新たなビジネスには手を出さず、逆にいくつかのビジネスを整理するつもりである。クッキーのビジネスについては目処が立ったら早々に閉める方向で考えている。需要が落ちてきたこともあるが、それが直接の原因ではない。まだまだおもしろいビジネスだと思うし、やり方によっては売上も伸びると思うが、それに割く熱意もエネルギーも時間もない。熱意を失ったら自分でもダメだと思っている。製造設備はあるので、しばらく経ってからもう一度仕切り直したい。

カフェのビジネスも試行錯誤を続けて2年半。2号店もそろそろオープンする。どの方向に行くのかもう少し見守りたい。得るものも多いが、失うものもたくさんあった。こちらも正直熱意はだいぶ失った。できるだけローカルスタッフにオペレーションは任せて、自分は品質を落とさないように管理に集中したい。

やはり自分の進むべき道は本業の機械ビジネスであると改めて思っている。引き合いも増えた。お客様との関係も良好だ。寄り道をやめて、このビジネスに絞ったらどうだろうという気に改めてなっている。

命は短い。時間をムダにできるほど暇じゃない。


グッドバイからはじめよう





ちょうど波のようにサヨナラが来ました。
言葉はもう何もいらない ただ見送るだけ
遠く離れるもの ここに居残るもの
僕が決めても構わないなら何も言わないけど
どうしてあなたはそんなに手を振るのだろう
僕の手はポケットの中なのに
(グッドバイからはじめよう − 佐野元春)

祖母が天国に旅立ちました。102歳の大往生でした。

色々書きたいことはあるけれど、亡くなる3日前に話ができてよかった。別れ際に言ってくれた「ありがとう」は一生忘れないよ。見舞いに行った次の日から体調が急変し、そのまま意識が戻ることなく逝ってしまいました。

日本に戻る前にも知人がガンで逝去。今年の1月にはセブの友人が心臓発作で逝去。あと何回涙を流さなければいけないのだろう? 

気持ちの整理がつかないけど、前に進まなくてはいけない。それもまた事実。悲しいけれど。

一つ今回わかったこともあった。親戚を含め、われわれ家族は仲がいい。それがせめてもの救い。



フィリピン人に隙を見せるな





ブログに愚痴ばかりぶちまけても読者の方は何も面白くないだろうし、不快に思うことも多いと思う。ただここ1ヶ月の間にフィリピンで受けたストレスは相当なものであり、今後同胞である日本人の方が同じ目に遭わないために備忘録として書かせていただきたい。

とにかくこの数週間は疲れた。本当に。

今回の2号店のプロジェクトを通して感じたことは、フィリピン人(今回の場合は華僑系ではなく主にローカルフィリピン人)は悪い意味で「隙きあらば何でもする」ということを強く感じた。これはほぼ例外なく当てはまる。具体的な事例を挙げていきたい。

2号店のプロジェクトでは我々は売り手でなく、主に買い手の立場であったのだが、業者はこちらサイドの専門知識がないだろうと思い込み平気で高額な見積もりを出してくる。市場価格の2倍は当たり前。時には4倍くらいマージンを乗せてくる。きっとほとんどのフィリピン人の場合、店舗の改装費用など馴染みがないので、見積価格が正当な価格かどうかわからない。それをいいことにやりたい放題である。

今回の改装費用は一番最初にもらった業者からは現在の倍以上の価格で見積もられてきたのは以前の記事に書いた。彼らも「素人だからわからないだろう」と見くびって出していたのだろう。これはわれわれの店舗ではないが、友人が最近オープンしたレストランでも同じような状況になっていた。その改装費用を聞いて驚愕した。具体的な数字を書くのは控えさせてもらうが65m2の広さで、とんでもない金額を支払っていた。私の見立てではその金額の1/3で済む。ここでも日本人が餌食になっていた。

うちのカフェでもこんなことがあった。ブランドまであえて書かせてもらうが、フラプチーノなどを作るのにはブレンダーが必要で、フィリピンの業界ではVitamixというブランドがスタバなども標準で使われていてうちのカフェでも使用している。しかし最近このブレンダーの動きがおかしくなったので、代理店のエンジニアに来てもらい見てもらったら、「ボス、基板が壊れています」と見積もりを送ってきた。価格は49,000ペソ。ちなみにブレンダーの新品の値段は65,000ペソである。たった1枚の基板が49,000ぺそ?この製造元はアメリカである。アメリカのAmazonで部品番号を調べたら出てきた。アマゾン価格はたったの16,000ペソ($320)である。念のためにメーカーに基板は地域によって異なるのか聞いてみると、全世界共通だという。この事を現地代理店に伝えると、「ボス、秘書が間違えて見積もりを出しました」といって16,000ペソの見積もりをぬけぬけと出してきた。日本人はバカだと思っているのか?

POSレジを購入する際の交渉でもこんなことがあった。見積もりを3社くらいから取り、本命のところに他社の見積もりをぶつけてみた。この本命は他社よりも15%ほど高い。すると担当者より「ボス、上司から値段を合わすことの了承を取りましたので見積もりを送ります。」と送ってきた。当然こちらは前回と同じ条件で値段を安くした見積もりだと信じ込んでいたが、仕様書を見ると大事な端末をシラッと抜いている。そう、単純に端末を抜いて値段を安くしたのである。ディスカウントでも何でもない。そのことには一言も触れず「値段を合わせました」だけである。ここまで来ると詐欺に近い騙しである。危うく引っかかるところだった。

書けば本当にキリがないほど「一事が万事」フィリピン人はすべて同じである。例外はないと思っていい。例え仲のいい友人にさえ、そういうことを平気でやってくる。もうフィリピン人とのビジネスにおいて、特にこちらが買い手の場合、油断も隙もない。こちらが隙を見せたらそこにつけ込んで暴利をむさぼる。常に緊張して、常にチェックをしなくてはいけない。そうしないと実勢価格の数倍もの価格で買わされることになる。実勢価格まで値段を下げると「お前みたいなケチな会社とは付き合わない」という捨てゼリフをいう。どの面下げてそんなことが言えるのか?

価格だけではない。隙を見せたら彼らは手を抜く。仕事はいい加減だ。これは自分の社員たちにも言えるけど。こちら側が認識していなければ職場で居眠りさえする。例えモールの店員でも。

もうそんなフィリピン人たちに正直辟易している。もういいや、という感じである。今回の2号店を最後にカフェは他店舗展開はしない。フィリピン人たちに神経をすり減らすのはもうやめだ。バ◯につける薬はない。

今まで散々フィリピンに対する愚痴や悪口をブログで書いてきた。そうはいってもフィリピンに養われているのも事実であり、一定のリスペクトを持って接してきた。しかし彼らの浅ましくて卑しい根性を見た時にそんな気持ちは吹っ飛んでしまう。常に自分が気をつけていないと痛い目に遭う。そういうフィリピンのビジネスには正直疲れた。工場向けの機械を販売しているほうがストレスは少ない。

お金のある日本人には関係のない話であるが、今後フィリピンで起業する日本人に言いたい。

「フィリピン人の言動には常に疑いの目を持って接しろ。信じたら騙されるぞ。」
「華僑はしたたかだ。彼らに勝とうと思わないこと。」
「ローカルフィリピン人とビジネスをする時は細心の注意を。」
「ローカルフィリピン人とパートナーシップを組む時は彼らをビジネスに巻き込むな。あくまでも名義貸しを前提に。」
「見積もりは必ず最低3社以上から取るべし。定価の倍は乗っていると思って間違いない。」

彼らは足元を見て、平気で騙してくる。「フィリピン人は優しい。」という変な都市伝説に騙されるな。フィリピン人は性悪説で考えたほうが無難だ。

私はこういう情報こそ日本人の間で共有すべき情報だと思っている。この手の情報はもっと発信していきたい。ちなみにこの話はビジネスにおける話で、個人のフィリピン人は当てはまらない(と思うけど)