So-net無料ブログ作成

国際線をよく使う人にオススメのカード - 2018年版





フィリピンに住んでいる読者の皆さんはフィリピン発行のクレジットカードはお持ちですか?私も1枚だけ持っています。銀行系のRCBC Bankardというカードですが、このカードがあまり役にたちません。ほとんどの場所で使えるのですが、メリットがあまりないのです。例えばガジェットを買おうとしてもほとんどの店が「翌月一括払い」しか選択できません。分割払いだと金利がかかります。最近勢力を伸ばしていると思われるのがBDOのクレジットカードです。(あくまでも個人的な調査)定職がない人にも結構審査が甘いせいか、周りの人の多くが持っています。このカードは多くの店で「6ヶ月金利無料」で買えます。今年の初めには「翌々月支払いスタート24ヶ月金利無料」とかやっていたところもありました。

フィリピンでメジャーなカードはBDO、BPI、Metrobankだと思っています。以前はCitibankが幅を効かせていましたが、最近はあまり聞きません。

私は1万ペソ以上の現金は持ち歩かないポリシーなので、1万ペソ以下はほとんど現金で支払います。カードはできるだけ使わない主義です。日本のカードは為替レート次第で割高になるのでほとんど使いません。またフィリピンでのガジェット購入は日本と比べて値段も高いし、故障した際のサービスもよくないので買いません。基本的にカードを使うのは「選択肢がない」場合に限られます。

日本では複数のカードを持っていますが、メインは航空会社のカードです。具体的にはANAカードを一点集中で使っています。貯めたマイルで年に数回ビジネスクラスに利用させてもらっています。先日送られてきたANAカードの請求書の中に「プレミアムカード」の案内がありました。申し込もうかと思いましたが、内容をよく読んでみると、今持っているカードとそんなにメリットの違いがありません。後述するプライオリティ・パスが無料とか国内ラウンジが使える以外、大したメリットもなく7万円の年会費は高いのでアップグレードはやめました。(ANAのラウンジが使えるとか優先搭乗できるとかあったら魅力的なのですが)

日本との往復で国際線をよく利用する人(あまりいないかもしれませんが)にとって、カードを使うメリットとしては、

a. スーツケースの国内発送
b. ラウンジの利用

と言うのは重要なポイントかもしれません。他のサービス(保険など)はどのカードも似たりよったりですがこの2つはカード会社によって差があります。

ラウンジの利用ですが、私は空港で時間を潰すのは苦手なので、空港に行くのには2時間前くらいにしか着きません。いつもお土産とか買っていると時間がなくなって搭乗30分前になってしまうので、ビジネスクラスに乗ってラウンジのチケットを貰ってもあまり利用していません。カード会社のラウンジもあるのですが、航空会社のラウンジとは雲泥の差で、最近は多くの人がゴールドカードを持っていて、利用者が多いのであまり魅力を感じません。

ラウンジといえばプライオリティパスというラウンジサービスがあります。

https://www.prioritypass.com/ja#

プライオリティパスが使えるラウンジは航空会社のラウンジと併用になっているケースが多く、クオリティはカード会社のラウンジと一線を画しています。(と、いっても大した差ではありませんが)このプライオリティパスは通常有料で4万円近くをプラスで払わなくてはいけません。でも中にはそのプライオリティパスが「無料で」ついてくるカードがあります。その一つが楽天プレミアムカードです。

https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

年会費10,800円でプライオリティカードがついてくるカードは私が調べた限りでは最安の年会費です。他にもいろいろとメリットがあり、楽天をよく利用する人にはメリットが多いと思います。審査も比較的甘いとか。

ただ私は楽天という会社(というか、楽天の社長)があまり好きではなく、楽天のサービスはできれば使いたくありません。またこのカードは前述の1点目の「荷物の発送」が年2回しか無料になりません。

荷物なんて持って帰ればと思うかもしれませんが、最寄り駅から歩くのは正直しんどいし、できれば手軽に送れればと思います。最近はANAのカードを使うと500円で送ってくれるというサービスを使っています。

その点でいうとセゾンアメリカンエクスプレス・ビジネスプラチナカードは私にとっては魅力的です。

http://www.saisoncard.co.jp/amex/sbs-cs/

年会費は21,600円と楽天カードの2倍もしますが、年間の利用料が200万円以上だと10,800円となります。航空系のカードでマイルを貯めなくてもいい、という人にはオススメです。プライオリティ・パスが無料になるのと同時に、空港からの荷物の発送も無料です。10回使えば5000円の得です。今持っているセゾンゴールドの期限切れの頃にこのカードに切り替えようと思っています。

下記のブログにプライオリティ・パスが無料になるカードの一覧があるのでご参照ください。

https://matsunosuke.jp/prioritypass-creditcard/

ラウンジを使わない私がなぜプライオリティパスにこだわるのかというと、最近乗継便を使うケースが増えてきて、手持ち無沙汰になる時が増えてきました。先日も台北経由で帰ったのですが、乗り継ぎ時間が4時間と中途半端な時間でさすがに時間を持て余しました。そんな時にプライオリティ・パスが使えたら有意義に時間を使えたと思います。

出張回数が多いビジネスマンや役職が上の人とかはビジネスクラスが当たり前かもしれませんが、エコノミーが基本の人にとってはこういうカードのベネフィットって大事だと思います。(私はビジネスの利用はもったいないと思う人間なので)

ちなみにフィリピンのクレジットカードにプライオリティ・パスが付帯するか調べましたが、ほとんどのカード(上級カードであっても)が有料、もしくは海外でのカード利用を求めています。フィリピンらしいケチ臭さですが、フィリピンのカードのサービスはそれでも以前と比べたら格段によくなっていますが、まあそこはフィリピンなので。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 4

shu

セゾンプラチナは往路もスーツケース1個が無料だから、年に8回くらい使えば年会費はペイするのでかなり実利がある。
だけど、いちどプラチナにするとダウングレード出来ないから、躊躇しちゃいます。ずっと毎月、国際線にのるとは限らないし。
マイルとかって、すごく得した気になるんだけど、ビジネスへのアップグレードって本来使わないお金だし、無料宅配とかアマゾンポイントが一番お得な気がする。
ラウンジだってねぇ。先生のように、直前に空港につく人には関係ないですしね。
by shu (2018-05-25 01:35) 

Shu

PHの法人カード(メトロ)は近年になって初めて作ったんですが、経費精算が楽になって、クソ便利。そのかわり上限が20万ペソとかしょぼいですが、会社経費用なら十分。
日本でも今のところ、使えなかったところは無いです。Masterだからあたりまえか。

by Shu (2018-05-25 01:37) 

Akira

Shuさん、
Shuさんってどこの中国人かと思ってしまいました。ご無沙汰しています。確かにマイルを獲得するためにそれなりの対価は払っています。ただでそんなものをくれるお人好しはいませんからね。

私もプライオリティパスって最近まで知りませんでしたし、ラウンジ自体にあんまり興味がありません。

カードはビジネスプラチナでなければセゾンのアメックスゴールドカードでもいいと思います。プラチナと同様のサービスで、プライオリティパスだけが有料でプラスになります。不要であれば申し込む必要はありません。10,800円で初年度はなんと無料です。またセゾンカードはアマゾンでもお得みたいですよ。

https://www.a-q-f.com/saison/card/index.html


by Akira (2018-05-25 23:43) 

みち

以前から時々読ませていただいてました。初めてコメントします。Akiraさんのように毎年かなりの回数、日本-フィリピンを往復されているなら、ANAスーバーフライヤーズカードを検討してみてはどうでしょう。1月1日から12月31日までの1年間に、50,000プレミアポイントを貯めればスーパーフライヤーズカードを申請できます。このカードは今お持ちのANAカードにスーパーフライヤーズ特典がオンされる仕組みで、優先搭乗、ラウンジ利用、スーツケース1つ無料追加、スターアライアンスGold資格など、かなりメリットがあります。プレミアポイントは日本-フィリピン間であれば、エコノミー往復でチケットの値段にもよりますが、1往復で3000ポイントほど付与されるはずなので、17往復すれば達成可能かなと思います。詳細は下記を参照ください。
http://kowagari.hateblo.jp/entry/2015/08/23/200000
by みち (2018-06-01 19:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。