So-net無料ブログ作成
検索選択

弱肉強食





マニラに戻ってきて、夕食を食べるために事務所から徒歩圏内のEstancia Mallに行ってきた。驚いたのは前回行った時から1ヶ月も経っていないのに閉店する店が続出していた。

IMG_3290.JPG

このモールはCoco壱番屋のフィリピン第一号店ができた場所でもあるが、他にもPepper Lunch、Jipan、Manghan、福岡ラーメンなどが入り、ユニクロもある。しかし、やはりというか近くにできたAyala 30th Mallに客を奪われてしまった感じである。Ayala 30thもEstanciaと似たような店が多いのだが、大きな違いはシネマとグローサリーの有無である。

聞いた話ではAyala 30thのシネマは相当クオリティが高いらしい。各椅子ともスペースが大きく取っていて電動で椅子がほぼフラットまで倒れる(らしい)。そのせいもあり、モールは閑散としているがシネマは満席状態が週末は続くらしい。マニラはろくな娯楽施設がないから多くの人はシネマに行くくらいしか楽しみがない。よってマニラのモールの重要な要素はシネマの有無なのだ。Estanciaもシネマを作っているらしいが一向に完成する気配がない。スーパーマーケットの建設も急激にスローダウンした。正直Estanciaが勝てる要素はほとんどない。スーパーマーケットが開いても時既に遅しだ。今後も撤退する店も加速するだろう。みんなAyala 30thに移るのではないか?

実際にココイチにいた40分の間、客は私以外誰もいなかった。あれではさすがに採算が取れないだろう。私の私見だがフィリピンではカレー屋は成功しないと思う。この数年で3社くらいが参入したがみんな撤退した。ココイチもロックウェル店、BGC店とも閑散としている。「フィリピンは経済が好調」と浮かれて進出してきても決して成功する確率は高くないと思う。多くの新規開店の影で、昔からフィリピンでレストランを開いていた多くの店が撤退をしているのは話題にならない。フィリピン人は熱しやすくて冷めやすい。新しいもの好きだ。でもすぐに飽きる。新規開店時の客の入りを100としたら、1年後には50になると言われている。3年後には30くらいだ。要はレストランが多すぎると思う。過当競争もいいところだ。また一つの店が成功したらすぐにマネをする。お互いが潰し合いになる。(← 今うちのカフェがここ)

最近は安さを売り物にしたレストランも増えてきたが、これも店が増えすぎている感じがする。安さだけなら簡単に真似できる。安さを理由にしてサービスがジョリビーやマクドよりも酷いところもある。(あえて名前は出さないけど) ラーメン屋、とんかつ屋は正直多すぎだ。これからどんどん淘汰されて撤退していくのではないか?

不動産関係、特にコンドミニアムの建設ラッシュは大丈夫かと心配してしまう。一部の物件では値崩れを起こしているらしい。バブルが弾ける手前の予感がする。これで首都圏でテロとか起きたら一発でオシマイだ。

これからフィリピンに進出しようとしている人はよく考えたほうがいいと思います。そんなに甘くはないというのが私の本音です。人ごとのように書いていますが、私もせめて10年は続く店になるように努力していきます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0