So-net無料ブログ作成
検索選択

もういいよ、Globeは





先日の記事でインターネットが繋がらなくなった話を書いたが、一向に前進が見られないので諦めて、日本に帰国した。(半分ウソ。半分ホント。Globeが理由ではなく、以前から決まっていたスケジュールであったが・・。)

今やインターネットは仕事では欠かせないツールになっているのは私に限った話ではないと思う。その大事なツールを使えないのは困るどころの騒ぎではない。日本に戻り、サクサクのインターネット環境のおかげでGlobeに対する怒りはだいぶ収まったが、GlobeはもはやMYクソ会社の筆頭である。何がひどいかといえば、

無視
間違った情報
社内での情報共有のなさ

に尽きる。以前のようにコールセンターに電話しても全く前進が見られないので、最近はFacebookのチャットかメッセンジャー機能、もしくはTweeterでのメッセージを使うのが主流みたいであるが、これがまたひどい。返事をしてくるのは最初の数日だけ。あとは無視。TweeterでGlobeの悪口をTweetしてもナシのつぶて。どうにも前に進まない。

カスタマーサービスという部署にもかかわらず無視をするメンタリティーがよくわからないのだが、PLDTも同様だし、残念だがフィリピンではごく一般の方法だ。このような状況をフィリピン人はどう思っているのかスタッフに聞いてみたら「フィリピンでは当たり前すぎて、文句を言っても仕方がないのでみんな諦めていますよ」という、またやる気のない返事が返ってきた。こういうつまらないことにストレスが溜まることも嫌だけど、それ以上にそれらのことに時間を費やすのが嫌なのだ、私にとって見たら。

また担当者によっていうことが違う。最初に対応した担当者A君は「エリア全体に問題があります」というが、昨日から担当が変わった担当者B君は「エリアは問題ありません。あなたの回線だけダメですね。」という。もう責める気にもならない、バカ過ぎて。おまけに「あなたのWiFi環境が悪いのでは?あなたのモデムを調べたらどうですか?」ときたものだ。そこまで私はバカじゃない。今日の夜になって担当者C君は別のことをいい始めている。

「明日とりあえずお伺いします」と言っているが果たしてくるか?来るのになぜ9日もかかるのか?

フィリピン人相手にやり取りをする限り、この手の話(いい加減な対応)は避けては通れない。解決策などない。フィリピンから離れることのみ。それだけだ。もう文句を言うのも面倒になってきた。

これはGlobeだけではなく、フィリピン人全体に同じことが言えるから不思議である。(フィリピン華僑は除く。フィリピン華僑の悪どさについてはまた記事に書きたい)先日もこんなことがあった。Ace Hardwareというマニラでは比較的有名なDIYショップがあるのであるが、そこである製品を購入した。その製品は他の場所でも値段を取っていたが、Aceだけ異常に安い。「その値段合っているか、本当に?」と聞くと「サー、間違いありません」という。その言葉を信じた私もバカなのであるが、とりあえずカードで購入した。

しかし配達の段階になって「サー、昨日の値段が間違っていました。だから配達はできません。」という。さらに「カードのオリジナルを店まで持ってきて、カードのキャンセル手続きをしてください。他の人に頼む場合は委任状をヨロシク」という。まるでこちらが悪いかのような言い方である。おまけにこちらは既に空港の待合室だ。もうどうしようもない。カード会社に電話して何とかキャンセルの手続きができたが、この件で費やしたムダな時間は容認できるレベルではない。

彼らのせいでこちらの貴重な時間が潰れるのがとてつもなく嫌なのだ。だからAceや家電売場にいる無能な店員の話を聞くよりは自分で調べたほうがよほど早い。間違っていると決めてかからないとあとで痛い目に遭う。

他にもNAIA3のパスポートコントロールで起きた話なども書きたいのだが、長くなるので次回にでも書こうと思う。それにしても東京は楽しい。ギンザシックスとか最高だ。Apple Storeでは至福の時間を過ごせた。どこでもインターネットは速い。フィリピンの100倍は速い。フレンドリーさではフィリピン人に負けるが、仕事の正確性は抜群だ。ムダな時間が極力省ける。ストレスが少ない。フィリピン人で信用がおけるのはうちのスタッフくらいなものだ。

しかしGlobeがないと事務所のスタッフとやり取りができない。ハァ、もういいよGlobeは。おとなしくPLDTにするよ。本当にダメだ、この会社は。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 1

フィリピン脱出組より

あの惑星にはアフターサービスという概念がないですね。アフターどころか、店員に「買う」って言ってるのに売る気がなくて何度も取り止めたこともある。取り寄せもできない。在庫の確認もしない。折り返しの連絡ができるのは超が付くエリートのみ。フィリピン人との関わりを極力避けてスタッフにやらせてましたが、フィリピンにいる意味って何だろう⁇と考えてしまい、卒業させて頂きました。
by フィリピン脱出組より (2017-06-12 14:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0