So-net無料ブログ作成

フィリピンのビジネスは面倒なことばかり





今日はいろいろと勉強になりました。

1. DOLE急襲

先ほどカフェにDOLE様御一行が急襲しました。

労務管理がちゃんと行われているか、ちゃんとSSSなど保険関係が支払われているか、残業代、何時から働いているのか、等など給与明細など洗いざらい調べていきました。スタッフ一人一人にインタビューを行っていきました。労務管理はきちんとやっているつもりですし、給料もミニマムよりかなり多めに支払っているので、何も出てこなかったのか諦めて隣の日本食レストランに移動していきました。

最低賃金の支払いをちゃんとしていなかったりしたら大問題になるのは言うまでもありません。DOLEが来るのはランダムに来る場合と、内部告発のどちらかです。自分の能力がないのを理由に解雇されたり雇ってもらえなかったりしたら元従業員が平気で告発するのがフィリピンです。例え親戚関係でも、です。

外国企業の場合、狙われやすいので特に気をつけたほうがいいです。「自分は大丈夫」と思っていたらBIR、消防署、DOLEなど予期せぬ時に来襲します。

2. セールは許可が必要

よくフィリピンのモールでは「Weekend Sale 20%引き」とかやっていますが、セールをしたり、景品をあげたり、コンテストを行ったりするのにDTIの許可が必要って知っていました?それも有料なんです。FBだけの告知とか、店内のポスターすべて人の目に触れるもので告知をした時点で申告が必要です。

日本でいう景品表示法に当たると思いますが、要はセールと謳って実際はセールじゃなかったり、違う商品を騙して送ったり、何名様限りというのに誰にも渡さなかったりするのを防止して消費者を保護する目的でしょう。日本の場合は、違法行為が行われて、実証できた時点で捕まり罰金を払うことになりますが、フィリピンは事前に承認を得なくてはいけません。おまけにお金を払わなくてはいけないって・・・。

もし報告しなかった場合の罰則はまだ見つかっていませんがわかり次第ここで連絡します。

DTIのサイト
http://dti.gov.ph/businesses/sales-promotion-application

法律の内容
https://drive.google.com/file/d/0B0ilL7KAK3i5a1JLMzBCcDVGTTg/edit?usp=sharing

ちなみに申告時には一連の書類が必要なのは言うまでもありません。(Mayor's Permit、Business Permitなど)

本当に本当に本当に面倒くさい国です。フィリピン。安易にプロモをやったら捕まりますのでご注意を。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0