So-net無料ブログ作成
検索選択

JRパスは継続していた!





もう既出のネタで、今さら感がある記事かもしれませんが、6月30日で引き換え期限が切れると思っていたJRパスが引き続き継続するようです。

しかし・・・・・・

購入できる条件が非常に厳しくなりました。条件として

1. 日本国の旅券及び「在留期間が連続して10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」を有する方

で、確認書類として、

1. 在外公館が交付する「在留届の写し」(在留届の受付日付が10年以上前のものに限る)
2. 在外公館が発行する「在留証明」(「現住所に住所(または居所)を定めた年月日」として、10年以上の年月が記載されたものに限る。)

ということです。どういうことかというと(私の理解では)、フィリピンに「連続して」10年以上在留し、大使館や領事館に在留届を出した時のコピーが10年前以上のものか、大使館や領事館が発行する在留証明に記載されている「在留を始めた日」が10年以上である証明書を提出できれば購入ができるということです。

今までのようにパスポートとACRカードを出せば買えたのとは違い、「本当に」海外で生活している人を対象にしたというのが大きな変更点です。今までは条件さえ整えばフィリピンに来て1年でもパスが購入できましたが、今後はそういうわけには行かないということです。

詳細は

http://www.japanrailpass.net/about_jrp.html

http://www.japanrailpass.net/img/about_jrp/file/conditions_ja.pdf

までどうぞ。また今後は日本国内でもJRパスが購入できるみたいです。日本に到着後、急に旅行に行きたいという場合でも購入できるということです。購入できる場所はこちらを参照にしてください。

http://www.japanrailpass.net/file/trial_basis_ja.pdf

まあ妥当な変更だと思います。また変更をしてくれたのはJRグループの英断だと思います。これで海外に住む方が家族と一緒に祖国を旅をすることができるということです。ちなみに私は在留届を10年前に出して転出を一度もしていないので、対象者だと思いますが・・・。次回購入時にまたご報告します。

ちなみに・・・

先日の記事でも書いたANAの外国人向け格安航空券(日本国内片道一律¥10,800)を先日購入して伊丹→成田を移動しました。ネットで問題なく購入でき、チェックインも問題ありませんでした。ジェットスターですと¥10,800よりも安い¥9,000くらいの価格でしたが、関西空港からの出発となること、荷物が重たかったので成田空港での乗り継ぎが面倒なのを考慮して、ANAを選びましたが大正解でした。こちらも使えるサービスなのでぜひどうぞ。10年以上の在留資格は不要です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。