So-net無料ブログ作成

厳しくなったフィリピンの銀行





普段から輸出入のビジネスをやっていると、フィリピンから日本に機械代金を振り込むことが多いのだが、昨年起きたRCBCのマネーロンダリング事件を機にフィリピンサイドからの送金の厳しさが増している。

以前はそんなことがなかったが、先日機械代金を振り込むために手配をしていたところ、

日本の受取人との関係を示す書類
売買契約書
フィリピンから受取人への発注書
送金の目的

を提出しないと送金できないと言われて余計な手間と時間を要した。日本からフィリピンに送金する際も送金目的を聞かれたし、フィリピンからの入金があった時も目的を聞かれたが、今回のように厳しいことはなかったと思う。(ちなみに日本では海外からの送金があった場合、金融機関からは本人の承諾なしに自動的に金融庁?に報告をするので、ごまかしようもないけれど)

やましいことは一切していないので「厳しくなったなぁ」というのが率直な感想だけれど、個人への「報酬」としての送金の場合、送金は受け入れてくれるのかふと不安になった。

海外送金についてはこのご時世なので仕方がない部分もあるが、先日驚いたのは円→ペソに換金して、自分の口座に入金しようとした際に「使用目的」を聞かれたことである。ちなみにペソに換金したのは両替商で銀行内の取引ではない。現金を自分の口座に入れようとしただけで使用目的を聞かれるとは思ってもいなかった。「会社の運営資金」と書いて提出して、何も言われなかったので安心したが、きっと銀行サイドにしてみれば、将来マネーロンダリングと騒がれた時の自己防衛策だと思う。

しかし住みにくい世の中になってきたものである。

ちなみにフィリピンでは大金を現金で持ってきて、申告せずに入国しようとして、そのことがバレたら現金は没収されてしまうが、仮に正式に申告したとしたらどうなるのであろう?書類記入だけで済むのか?税金?など取られるのか?(取られる理由はないけど)もしくは警官に脅かされて現金を盗まれるのか?どうなのか謎である。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0