So-net無料ブログ作成

iPhoneでなければダメだ





iPhone7が出て2ヶ月が経った。毎回新型が出る度に「今回こそ機種変更はしない」と固く誓うのだが、今回も結局機種変更をしてしまった。後述するように日本における機種変は全く後悔しておらず、大満足だったのであるが、フィリピンでは機種変更は全くするつもりがなかった。直近までHuaweiのP9を利用していて、カメラの性能に満足していたので、それを変えたくもなかった。

しかし日本におけるiPhone7の仕様体験が考えを大きく変えた。まずデザイン。iPhone7のデザインは本当に美しいと思う。見ていて惚れ惚れするというデザインは電話以外でもなかなかお目にかかれない。

スクリーンショット 2016-11-18 8.31.23.png

今回のiPhone7 では従来との比較で大きく変わった部分が何ヶ所かあるが、ホームボタンが従来のメカ式のものから感圧センサー式に変わった。発売前にはこの変更について危惧する声がたくさんあったが、実際に使ってみるとTapic Engineによる擬似クリック感は従来のものと比べて違和感はまったくなく、かえって疑似クリックのほうが心地よさを感じる。

その他にも防水対応になったとかイヤホンジャックがなくなったとかいろいろな変更点はあるが、私にとっての最大のメリットはApple PayとSuica対応だと思う。特にSuica(関西ではICOCA)に対応してくれたのは本当にありがたい。Androidを使っていた人などからは「何をいまさら」と思われると思うが、この機能は本当に助かるし、今までIcocaにチャージするのにいちいち現金を用意していたが、その煩わしさから開放されるだけでも助かる。

先日こんなことがあった。マニラに戻る際に今回は成田空港からの便を利用したのだが、東京駅から日暮里でスカイライナーに乗り換えて成田に向かう予定だった。しかしJRの成田エクスプレスが人身事故の影響で全面ストップしてしまい、ほとんどの乗客がスカイライナーに乗り換えた影響で日暮里駅はすごい人でごった返していた。切符を買う窓口は長蛇の列で、まともに並んでいたら飛行機にも乗り遅れる可能性がある。スカイライナーはいつも利用するのでメンバーになっていてチケットレスで指定席は買える。しかしSuicaには成田空港に行くまでの残高が足りない。(あとで冷静になって考えれば到着駅で精算すればいいだけなのだが)そこでiPhone7でSuicaにクイックチャージ。窓口に並ぶことなく、問題なく定時に成田空港に到着できた。

防水対応になり(私にとってはあまり重要ではないが)、Suica対応になったiPhoneを使わない理由がない。Huaweiを半年ほど使って感じたのであるが、Androidはやっぱり使いにくい。未だにAndroidを使っている人はAppleを目の敵にする人がいるが、両者は性能面ではもはや違いはない。Galaxyなどと比べたら値段差もない。両者を比べるのはもうナンセンスだ。あとは個人的な使い勝手の差くらいしかないと思う。日本では発売されていなかった初代iPhoneからすべての機種(iPhone5c、iPhone SE含む)を使ってきた私はもうiPhoneからは離れられないようになっている。最新のAndroidは非常に使いやすくなっていて悪くない。でもiOSでないと自分はダメなのだ。WindowsとMac OSとの違いのようなものだ。

フィリピンでも11月11日からiPhone7の発売を開始した。冒頭にも書いたが機種変するつもりはなかったが、結局iPhone7に変えた。日本ほどのメリットはフィリピンでは享受できないが、もうそういう問題ではない。フィリピンでは多くの人が「見栄」でiPhoneを使う人ばかりで、彼らからはiPhoneに対する「愛」を感じない。

私はiPhoneでなければダメだ。Androidに浮気をしてそれがよくわかった。Steveゴメン。二度と浮気はしないから。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

あーちゃ

早く iphone 7のレビューを書いていただけないかなあと思っていました。^^)携帯へのスイカ対応は、おいておいて、定期を持っている私としては、定期券にオートチャージ機能をつけているので、特に不便を感じていないのですが。
i phone のバッテリーがなくなってしまったら、スイカは使えるのでしょうか。そこがよくわからないです。
by あーちゃ (2016-11-18 12:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0