So-net無料ブログ作成

継続は力なり





展示会が終わって2週間が経とうとしていますが、おかげさまで展示会後の引き合いをたくさんいただき毎日忙しくさせていただいています。いただいた引き合いのうち、何件成約できるのかわかりませんが、できるだけ早いレスポンスをするように心がけています。

私がメインでやっているビジネスは食品工場向けの機械を扱っていて、いわゆる一般消費者向けのビジネスではなく、産業機械のビジネスをやっています。一般消費者向けのビジネス(カフェなど)も予測を立てるのはとても難しいのですが、産業用のビジネスも相当難しいです。

大手のお客様の大型投資案件がよく新聞や業界の噂になりますが、表に情報が出てきた時はプロジェクトは既に相当進んでいる段階で、業者の選定などは既に終わっている事が多いです。極めて初期の段階に話が来ないと受注を取ることができません。既に納入実績があっても大手になればなるほど毎回ごと入札や競争になり、競合会社としのぎを削らなくてはいけません。

前置きが長くなりましたが、このビジネスにおいては売り上げを予測することは極めて難しいのです。だから毎年の正月は「今年も何とかたくさんの受注を獲れますように。」と神社に行って祈るくらいしかできません。目標は毎年立てますが、具体的にどこの会社からいくらの受注を取るのかと予測をするのは難しいです。だから年初は「今年も頑張ろう」という気持ちの裏側で「果たして今年も大丈夫だろうか?」という激しい不安に襲われます。

起業して10年が経ち、何とかここまで継続してきましたが、「継続」することが実に難しいというのを感じています。会社を作るのも社長になるのも実は簡単なことです。最低限の資金と決められた書類を揃えれば誰でもできます。でもそれを続けていくのが本当に難しい。フィリピンでのビジネスならなおさらです。ちょっと昔にフィリピンではある方が発起人になり、「フィリピン起業家ネットワーク」というのがありました。そこで何人かの方と私も実際にお会いしましたが、半分以上の方がフィリピンから撤退したり、事業をやめています。生き残っている人の中には着実に実績を積んで、すばらしい業績を残している人もいます。でもそれはほんの一握りです。

どうしたら成功できるのか、なんて誰もわかりません。(それがわかれば苦労しない)ただどうやって継続してきたか、というのは10年やってきて何とかわかってきた気がします。(ひとによって考え方が違うので内容はあえて書きませんが)

この先どうなるかなんてわかりません。保証もされていません。明日会社が倒産するかもしれません。でもこの先へもっと進むしかありません。言えることはそれだけです。

「継続は力なり」

この言葉が成功法則につながるという人がいますがちょっと違うと思います。でも継続しなければ成功は生まれないのも事実です。(今日はちょっと説教臭い内容になってしまいました。^^;)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0