So-net無料ブログ作成

最近購入したガジェット2016年春





最近購入したガジェットのご紹介を。

先日出たiPhone SEですが、発売当日に心斎橋に行きましたが、タッチの差で買えなかったのですが、ネットで注文していたのがようやく届きました。実際に触ってみると改めて小さいと実感しました。iPhone 6 Plus、iPhone 6と一緒に並べてみました。

IMG_3916.JPG

小さいですね。(笑)Text(SMS)などを書くときは確かに打ちにくいです。ただ軽いし、小さい。iPhone 6s Plusなどを胸ポケットに入れてはみ出して持ち歩くのは正直カッコ悪く、入れて外を歩くのが恥ずかしいほどです。ズボンのポケットに入れると重すぎるし、何度も落としそうになるし、「画面が大きい」以外は結構不便なことも多いのも事実でした。またアホなフィリピン人みたいに、自慢気に「私はiPhoneを使っています」みたいなのも嫌だったので、この大きさは自分に合ってます。サクサク動くし、カメラも十分です。

実は今密かに気になっているスマホがあります。Huaweiの新型スマホP9です。ライカとコラボして、ライカレンズを搭載しているらしいです。どんなにキレイな写真が撮れるのかすごく気になっています。(いい写真が撮れるスマホの需要って大きいと思います。日本のカメラメーカーもスマホと組んでそういう本格的なものを作ればいいのにと思います。)このP9はいつ出るんでしょうか?(ちなみにフィリピンはHuaweiの人気はイマイチ)

P9.jpg

iPad Pro 9.7インチ版も買いましたが、Apple Pencilを購入していないのでまだ使っていません。ビジネスで使えることを期待していたのですが、いろいろな使用レポートを読むと、iOSでできることは限られていてまだまだ中途半端な感じです。目指すはやはりWindows 10というかSurfaceの世界だと思います。OS X MobileみたいなOSを出してほしいと個人的には思っています。現状のiPad用のWordやExcelでは物足りないし、ストレスが溜まります。WordとExcelとPower Pointだけでも(もしくはPagesやNumbersなど)OS X並みに使えれば大満足です。ビジネスではMac Book Airは当分手放せないです。

それからApple以外では「ムーブバンド3」という活動計を購入しました。最近はいろんな会社から活動計が出ていますが、先日までJawboneのUpを使っていましたが、今回ムーブバンドに替えてみました。理由は睡眠計が自動で「睡眠」と「活動」に切り替えてくれるのですが、他のメーカーのものは同等の機能をつけると2万円以上します。

move band.jpg

この活動計は「どれだけ動いたのか」と「どれだけ寝たのか」をチェックしてくれます。それをスマホに転送してデータを記録していくというものです。具体的にはこんな画面です。

IMG_3937.jpg

歩数はあくまでも目安で「どれくらい活動したか」ということをチェックする目的で使っています。体重は実際には書いてありますが編集しました。これはオムロンの体重計でこのアプリ対応のものを買えば体重のログも取れますし、グラフ化もしてくれます。体脂肪率なども記録されます。

歩数についてはこんな感じで表されます。

IMG_3935.PNG

生活防水がついているのでシャワーくらいなら大丈夫です。ダイエットで大事なのは「視覚で確認すること」で、どれくらいの推移で減っているのかをビジュアルで見ると次の日の励みになります。オムロンには血圧計も自動転送してくれるものがあるので、ついでに血糖値も計って自動転送してくれる機能がつけば糖尿病患者は助かると思います。充電以外の時はほぼずっとつけたままで生活しています。

ガジェットが生活を便利にしてくれています。ガジェットなしでは生活できないのは嫌ですが、上手に活用することで、今までできなかったことも可能にしてくれる気がします。でも夢中になりすぎて歩きスマホで駅のホームから落ちたり、人の話を無視してスマホをやる様なことは避けたいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0