So-net無料ブログ作成
検索選択

素晴らしきスマホの機能





先日インターネットを読んでいたら、こんな記事を見つけました。

盗まれたiPhoneを探しに中国まで行った話
第一章:http://www.buzzfeed.com/mjs538/orange-brother-1-jp#.vcL1Koed
第二章:http://www.buzzfeed.com/mjs538/orange-brother-jp-2#.hhq3r4ZJ
第三章:http://www.buzzfeed.com/mjs538/orange-brother-3-jp#.ft6baBVj

心温まるいい話ですね。実は私にもここまでドラマチックではありませんが、似たような話があります。

実はカナダに留学中の2号(息子)がiPhoneをなくしました。(これで2台目。1台目は落として粉々になった)友達と歩いている時にどうも落としてしまったようです。不注意な息子にあきれましたが、なくしたことを責めてもはじまらないので、応急処置としてiPod Touchを買わせて帰国まで使わせることにしました。

一方でダメ元だと思いつつ、iPhoneに付いている機能の「Find iPhone(iPhoneを探す)」機能を使って場所を調べましたが電源がオフになっています。念のため「このiPhoneを見つけたらXXXXまで電話ください」というメッセージが電源オンにしたら表示するようにリモートでセットしておきました。フィリピンの感覚では「100%」見つからないと信じていたので希望など持っていませんでしたが。

すると奇跡が起きました。何とそのメッセージを読んだ人が息子に電話してきて、警察に届けてくれたのです。無事にiPhoneは戻りました。海外でこのようなことは稀だと思います。カナダ人はなんて優しいんでしょう。

フィリピンなら120%返ってきません。(120%は言いすぎですね。99.9%です。)落し物を拾ったら、それは拾った人のものという考え方が普通で、警察に届けるなんてしませんし、警察に届けたら警察がそれを自分の物にしてしまう国です。(だから落としたものを届けたら表彰されるお国柄です)

アンドロイドにも同様の機能はついていると思いますが、バッテリーの持ちが悪いといってOffにするのはもったいないというかOffにしたらダメだと思いました。万が一のための機能ですし、今回のようなケースで戻ってくることだってあります。しかしスマホには便利な機能がついていますね。

上記の中国に行った話ではありませんが、iPhoneは国を超えて探すことが可能です。アンドロイドが先に始めたのか、Appleが始めたのかわかりませんが、私も素直に「Steve Jobsありがとう!」の気分です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0