So-net無料ブログ作成

サヨナラは12月のララバイ




プライマーさんの今月号(1月号)が公開になりましたね。今回の特集は「スパ・カフェ特集」ということでしたが、うちのカフェは見向きもされず・・・。広告を出していないカフェがどんどん紹介されていく中、同胞であるうちのカフェが全く取り上げられてもいないとは・・・。(一応日本発で日本の有名スペシャルティコーヒーの豆を使用していて、日本の器具を使って、日本で研修を受けて、他のナンチャッテハンドドリップとは少しでも違う本格派を自負していたんですが・・・。)プライマーさんとは昔からどうも縁がなくて。以前広告を出していた時も見事にスッポカサれたこともありました。(担当者の方はお辞めになったみたいですが)と、いうことでプライマーさん、ご連絡お待ちしています。(爆)

今回11月末にフィリピンに戻ってきましたが、気分はどんよりした気持ちで戻ってきて、この気持ちがどうも元に戻りません。理由は「クリスマス」だからです。まずこの時期に嫌なのは大渋滞。営業の私は仕事になりません。渋滞が比較的少ないマニラ首都圏以外ならまだしも、外回りに出ることが憂鬱になります。2つ目は13ヶ月給与及びボーナスの時期だからです。何かフィリピン人の本性を垣間見ることができる時期なのです。13ヶ月を支給して過去何人の社員が音沙汰もなく消えていったことか・・・。

おまけに今年の年末は12月24日〜28日まで休みで、29日〜1月4日までフィリピンは休みって知っていましたか?29日は開く会社が多いみたいですが、休みを取る人も多いようで。12連休ですからね。1月4日に帰ってくる社員とかいるのかな?

話がずれましたが、私がこの時期に見るフィリピン人の習性というか性格でとても嫌なのが「厚顔無恥」なところです。特にカネを借りに来る社員が多い。理由を聞くと「クリスマスパーティーだから」とか「クリスマスギフトを買わなくては」という理由の人が多い。昨年2万ペソ貸した社員は13ヶ月をもらった途端にドロンと消えました。ある社員は15日間の間にお金を3回も借りに来ました。フィリピン人はプライドが高いくせにこういう恥知らずなことも平気でします。

私の周りに限って言えば、こういう恥も知らずにお金を借りに来る人ほど他の部分もいい加減な人が多い気がします。時間にルーズであったり、嘘を平気でついたり、領収書がないことをいいことに過剰請求したり、遅刻しても反省をしなかったりするような人です。逆にお金を滅多に借りに来ない人は自分自身をちゃんとコントロールしている気がします。うちのエンジニアのリーダーとかお金など借りたことはありませんが、遅刻などもしたこともありません。

そうやって考えると「一時が万事」といいますが、ある部分がルーズな人間は他の部分も推し量ることができます。そういう人のバックグランドを調べてみると、旦那が何年も働いていなかったり、家族全員でOFWに頼りきっていて、OFWは海外で汗水流して頑張っているのに、自分たちはは仕送りで贅沢をし尽くしているとか、借りたカネは返さないくせにiPhoneを持っていたり、いいバッグをもっていたりします。まあ人のことなのでどうでもいいですが。

私も年々そういう経験を重ねているので、自分では少しは成長しているつもりです。きっと13ヶ月をもらったら会社を去るだろうという社員とは契約を更新せずに先日辞めてもらいました。

休みが長くなる=日本に帰る時間が早くなるです。あと1週間。どんよりとした気持ちは晴れませんが、少しでも前向きに頑張ります。

(今日のタイトルと内容は全く関係がありませんでしたね。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0