So-net無料ブログ作成

今までEPAは関係ないと思っていた




現在フィリピンのあるお客様向けに輸出手続きをしている機械があります。そのお客様のブローカーから先日こんなことを言われました。

「JEPAに該当しますか?」

JEPAとはなんぞやと調べると、あの看護士で話題になっているEPAではありませんか。私はてっきり看護士さん受け入れだけの話だと思っていたら、違いました。私の扱っている食品機械などほとんどが対象になることがわかりました。そしてそのほとんどが何と、

関税0%

今まで知らなかったでは済まされない程の機械を輸入してきて、多くの機械で5%や7%の輸入関税を支払って来ました。ある機械なんてEPAのおかげで関税率0%となり、何の努力もしなくても7%価格差が生まれることになり、欧米製の機械と競争力が持てます。アホや・・・・。(ちなみに製造業者の登録や原産地証明などが必要です。関税0%になるだけで別途VATや諸経費を支払うのはいうまでもありません。)

詳しくはジェトロのページをご参照にし、「World Tariff」で調べてみて下さい。ほとんどの品目で関税が他の国より低くなっています。

URL: http://www.jetro.go.jp/world/asia/ph/jpepa/pdf/jpepa-2.pdf


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0