So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン初?!のバウムクーヘン屋に行ってきました





フィリピンで(たぶん・・・)初となるバウムクーヘンのお店がMakatiとEastwoodにできたので早速両方の店に行ってきました。

店の名前は「Sweet Baum Cafe」という名前で、Facebookも持っているようです。

→ https://www.facebook.com/SweetBaumCafe

Facebookにも載せていますが、GMAでも紹介されたみたいです。

→ http://youtu.be/vrWpYeP2tOI

本店はPaseo De RoxasにあるPaseo Centerというビルの3Fにあります。(Happy Cream PuffさんのPaseo店が入っていたところの3階です。)店の外観です。

Paceo 2.JPG

日本でよくあるように店の前にオーブンを置いて焼くところを見せるという方法は取らず、店の奥にオーブンがありました。事務所も併設になっているようです。
Paceo.JPG

Eastwoodの店です。
Eastwood 3.JPG

Eastwood 2.JPG

Eastwood 1.JPG

Eastwoodの店ではオーブンを焼かずにPaseoのお店から毎日配達するようです。

実際のバウムクーヘンです。
Baumkuchen.JPG

5個セットで300ペソでした。これは小さなバウムですが大きなものも1つ300ペソで売っていました。味については日本のクオリティーをしっかり守っていました。今は日本のバウムクーヘン屋さんが技術指導に来ているそうです。その他にチーズケーキも売っていました。(1つ48ペソ)私はチーズケーキの味はとても淡白であまり好みの味ではありませんでした。バウムクーヘンの方が美味しかったです。ショートニング(マーガリン)を使ったいわゆる「しっとり系」の味でした。

私のクッキーやHappy Cream Puffさんにとってみれば品物は違うもののスイーツというカテゴリーではライバルになるのでお互い切磋琢磨して頑張りたいと思います。

ちょっとこのバウムクーヘン屋さんについて裏話を書きます。実は複数の方を通じてこの店がフィリピンに進出してくるのは知っていました。なぜそこまで関心があったといいますと、実は私もバウムクーヘンをフィリピンに持ってこようと思っていました。以前FortにCafeを開きたいと書いていましたが、それはバウムクーヘン + クッキー + Cafeだったのです。相当真剣に考えていて、たくさんの事を勉強をし、バウムクーヘンの有名なオーブン屋さんが神戸と静岡にあるのですが、そこに何度も足を運び契約寸前まで行きました。

でも止めました。何故か?

一つはフィリピン人に対して行った事前マーケティングの結果が良くなかったのです。「Mamonみたい」とか「味が単調でパンを食べているみたい」など「美味しい」という意見がとても少なかったのです。私が持っていったのは「クラブハリエ」や「ねんりんや」、「エス・コヤマ」、「ユーハイム」など超有名店のものばかりですが、日本で流行っているような「美味しい」という感想を得られませんでした。また華僑の方でやはりバウムクーヘンを考えている人がいましたが、私と同じように「バウムクーヘンだけでは難しい」という理由で出店を諦めたのも止めた理由の一つです。

またバウムクーヘンは特殊な機械が必要で、日本では今とても流行っているので機械メーカーもとても強気な商売をしています。そのため機械の値段がとても高くて本体だけで500万円以上必要で、それにミキサーや必要な厨房機器など合わせると800万円近く必要です。またバウムクーヘンを作るために技術指導料もそれなりにかかるので1000万円近い投資になります。それにマニラ側の店の契約料や改装料など合わせるとやはり1500万円は必要です。投資の回収が難しいというのも止めた原因の一つです。

私が結果的に止めたバウムクーヘンですので、ぜひこのお店には頑張ってほしいと思います。ただ気になる点が何点かあります。まず店の場所が非常にわかりにくいです。Eastwoodのお店は正直どこにあるかさっぱりわかりませんでした。PaseoのあるPaseo Centerは基本的に週末はどこのスイートの店も閉めています。あのクリスピークリームでさえ閉めている場所です。おまけに駐車場がなく、店の前に停められません。

それから店員さんの知識が?と思うところがあります。YouTubeでもコメントがありますが、店員さんが「バームクーチェン」と呼んでいて「違うだろ?」とツッコみたくなります。また「King Of Cake in Germany」とか言っていますが、ドイツ人がバウムクーヘンの事を誰も知らないというのは有名な話です。(日本発といったほうが正しい)Facebookに「旧正月などの祝い事にピッタリ」と書いていますが、確かに結婚式で配られる引き出物ですがお正月には日本人食べないぞ、と思ったりしましたが・・・。(まあ細かいところはどうでもいいですが・・)

とにかく味は美味しいのでフィリピンのバウムクーヘンファンの人はぜひ食べてみてください。でも正直うちのクッキーよりも高い1個60ペソというバウムクーヘンの値段がフィリピン人に受け入れられるかがポイントですね。
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 5

あーちゃ

国によって、受け入れやすいスイーツとそうでないのが、あるんですね
by あーちゃ (2013-01-27 18:20) 

すっぽり隊長

我々に幼い頃はバウムクーヘンって超高価なお菓子でしたね。
めったな機会がなければ食べられなかったもんですわ。
フィリピンで、ただ甘くすれば売れるかどうか?
わしは信じれんほど甘くしてチョコレートソースどぼっとのせて、
デコレーションで別物にすればめちゃ売れそうな気はしますが。
by すっぽり隊長 (2013-01-28 18:01) 

Happy Cream Puff

Akiraさんらしい詳細なレポートでしたね。

日本からのスイーツ。
私と同じマカティという商圏。
そして奇しくも私が過去に出店していたパセオセンターにお店があるということで驚きました。

私はまだSueet Baum Caféさんのお店にも行ったことがないですし、食べてもいないので何もコメントできませんが、ちょっとしたエピソードがあるのでここで紹介してみます。

今年1月になってすぐ、テレビ局のGMAから番組の出演依頼がありました。
もちろん私も女房も 「7回目のテレビ出演だー!」と大喜びでした。
ところが撮影を約束していた日の前日にGMA から電話があって「取材の予定が変更になったのでゴメンナサイ・・・、また今度ね。」と言われてしまいました。
とりあえずガッカリという感じでした。

で、Akira さんが紹介していたGMAの番組を見て驚きました。
な、な、なんと私達が出演するはずだった番組にSueet Baum Caféさんが出ていたんです。
つまり、クリームパフを取材するつもりがバームクーヘンになったという訳です。

はははっ・・・(って笑っている場合ではないですよね)

by Happy Cream Puff (2013-01-29 05:05) 

セブノスター

正直にいいますと、バームクーヘンをおいしく感じたことがないです。
AKIRAさんが名前を出されている店の中では、
ユーハイムしか食べたことがありません。
(エスコヤマではロールケーキを食べた記憶があるのですが、
かなり昔ー10年近く前ーなので、もう忘れました。)

セブでは、たこ焼きやワッフルの屋台店が増えたり減ったりしています。
たい焼きの店もできました。私が食べた餡子は焼きにムラがあり、酷い味でした。
ハムチーズ入りを妻と息子に勧めましたが、「不味い」だそうです。

「シャワマ」というトルコ風の焙り肉を薄いパンにはさんで食べるのは、
一時的に流行してすぐ飽きられて潰れそうでした。
そこで、焙り肉をご飯と炒めるチャーハン風にして盛り返したようです。

バームクーヘンがフィリピン人に受け入れられるかどうか、私はかなり疑問に思います。
 
 
 
by セブノスター (2013-01-29 10:22) 

Yoshi

今度、お店に行ってみます!
最近、いろいろと日本からのお店が増えていて楽しいですよね。
また、このようなお店の情報を楽しみにしています。
by Yoshi (2013-02-02 17:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。