So-net無料ブログ作成
検索選択

iPodをピュアオーディオで聴く





今回の渡比に合わせて、YahooオークションでDAC-1000というオーディオ機器を競り落としました。以前の記事にも書きましたが、当初ネットワークオーディオという最新のオーディオ機器に興味を持っていましたが、行きつけのオーディオショップの店員さんに相談したら、「Akiraさんがやりたいのはネットワークオーディオではないですね。」というので勧められたのがこの機器です。

もともとフィリピンに持ってきたマランツのユニバーサルプレイヤーが壊れてしまったので、その買い換えを検討していくうちにCDプレイヤーの値段の高さに疑問を抱くようになりました。そして行き着いたのが「iPodに入っている音楽をピュアオーディオとして聞けないか」ということです。ネットワークオーディオも興味がありましたが、何百枚ものCDを再度リッピングするのは途方も無い時間がかかりますし、「ハイレゾ」音源まで必要なく、Apple標準のApple Loss Less形式でいい音が聞けないかと考えていて、勧められたのがこれでした。

iPodに入っているのは全てApple Loss Lessの音源です。iPodにNS-S1000というONKYOのドックをつなげます。ここから取り出された音楽を光ケーブルでDAC-1000につなぎます。DACというのは文字通り「Digital Analog Converter」のことでデジタル音源を既存のアンプなどで聴くためにアナログ変換させる装置です。

結果はどうだったかといえば、ドンピシャ大正解でした。iPodからの音源とは思えないほどクリアで繊細な音が広がります。Jazzなど聞くとCDでは聞けなかったシンバルの音などクリアに聞こえますし、Rockもボーカルの音が際立ちます。アコースティックやクラシックなどの音楽も十分聴き応えがあります。一説には20万や30万円クラスのCDプレイヤーと同等とありますが、あながち嘘ではないと思います。

詳しくはこの記事を → http://ascii.jp/elem/000/000/578/578484/index-2.html

iPodなら日本で好きな音楽をTsutayaで借りまくって入れるだけ入れてフィリピンに持ってくれば音楽三昧が可能になります。いちいちCDを出し入れしなくてもリモコンひとつでいろいろな音楽が聴けるのはこの上ない幸せです。ちなみに私がつなげている機器はこんな感じです。

iPod Classic → ND-S1000 → DAC-1000 → アキュフェーズE250 → Focal Electra 1008Be

フィリピンのオーディオショップはアンプ類の品揃えが貧弱ですが、スピーカーは有名メーカーなら日本よりかなり安く手に入れることができます。皆様も機会があればぜひ。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 2

アディポネクチン

結局DACも、最も肝心なのはアナログ部分だと思うんですが、
実際にマランツのSA-11S2辺りと聞き比べてみたいものですね。
by アディポネクチン (2012-04-21 19:48) 

Akira

アディボネクチンさん、The BandのLevon Helmが先日亡くなってからThe Band、Bob Dylanばかり聞いていますが、昔のCDは音源が良くなくてあまりいい音で聞けませんでしたが、このDACで聴くとなぜか音がイキイキしています。(何故かよくわかりませんが)アディボネクチンさんあたりにこのDAC聴いてほしいです。
by Akira (2012-04-22 13:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1