So-net無料ブログ作成
検索選択

セブ移住計画(妄想段階)





一昨日までセブに出張に行ってきましたが、昔からセブはとてもお気に入りの場所です。いつか住む機会があれば、と思っているのですが、今回少ない日数ながらも現実的な視点からセブの生活を観察し、実際に住むことができるか妄想してみました。

<食生活>
外食を基本に考えたらセブは日本食をはじめとしてマニラと負けず劣らずレストランが多いのではないかと思います。シーフードを中心としたフィリピン料理は正直マニラよりも美味しいと思います。スーパーマーケットもAyala、SMなど大きなスーパーマーケットやパレンケもあるのでそんなに困らないでしょう。SMはA.S.フォーチュナ通りにHyper Martを建設中ですし、セブ市郊外にも建設中で今後どんどん増やしていくそうです。

ただ有名日本食店は観光地価格で提供しているせいもあり、値段はマニラと変わりません。

<住居>
最近コンドミニアムが多く建設されていて、Ayalaの物件などマニラで見かけるようなディベロッパーがセブでも見られます。一説ではマニラよりもセブのほうが高いという噂も聞きます。先日泊まったホテルの横が高級サブディビジョンでしたが、すごい家がたくさんありました。金持ちはどこにでもいます。

<交通渋滞>
セブには電車など通っていないのでもちろん車がなくては生活できません。少し昔と比べてセブの交通渋滞は中心部などでは激しい渋滞になっています。マニラ程ではないとはいえ、時間が読めない時もあります。ただマニラの様にモラルのカケラもないような運転はしません。交差点で無理やり車列に横入りする人は少ないです。その意味ではストレスが少なそうです。ただくどいようですが車がないと何もできません。

<教育環境>
質はともかくとして選択肢はかなり少なそうです。インターナショナルスクールなども含め、マニラに軍配が上がりそうです。

<治安>
セブの人間いわくマニラは怖くて一人でいけないといいます。私も夜にホテルの近くのサリサリまで飲み物を買いに行きましたがマニラで感じる恐怖感は感じませんでした。マニラに帰ってきて最初に見たのは小学校1年生くらいの子どもがシンナーを吸っている姿でした。これが現実です。マニラは怖いです。

<エンターテイメント・レジャー>
映画館もあるし、モールもあります。マニラと同様の生活はできそうですがやはり選択肢が少ないと思います。もしそういうものを趣味にしている人にとっては物足りないかもしれません。セブは何かひとつスポーツなりアウトドアなりダイビングなり、家に閉じこまらない趣味を持っていたらとても楽しそうな場所です。ボホールまで1時間ちょっとでいけますし、ダイビングを覚えたらとても楽しい場所になりそうです。

いろいろと考察してみましたが、セブはやっぱりゆっくりするのにはいい場所だと思います。その意味では仕事をしながら住むのではなく、リタイヤした後に住むのにはいい場所だと思います。リタイヤしてまでマニラに暮らしたいとは思いません。やっぱり南国のイメージの場所がいいです。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 1

セブノスター

在フィリピン日本国大使館の調べによりますと、
2010年10月1日現在で、セブ島に移住・長期滞在者は1826人。
フィリピン在留邦人(18202人)のほぼ10%です。
(ボホール島などを含めた中部ビサヤ地方なら2421人になります。)
しかし、これはセブ領事館にきちんと届けた人の数です。
違法滞在者(困窮邦人約150人を含む)や、観光ビザで延長をして
長期滞在している人を入れると、セブ島で3千~4千人では?

いずれにしろすごく小さな世界なのに、内部抗争が激しい(笑)
小さなグループが数多くあって、互いに悪口を言い合っています。
どのグループにも所属しない私などは、「変人」扱いされています。
家族以外の日本人との会話が欠かせない人には、向いていません。

物価は、マニラよりも30%は安いです。
(ガソリンなど輸入品は別ですが。)

ホテル、銀行、レストラン、タクシーでは英語が普通に通用します。
ところが、メード、大工、行商の物売りなどはビサヤしか通じません。
奥さんがセブ島出身でないなら、英語が通じない人たちと
直接かかわらない生活をできる収入があれば、問題ないでしょう。

ある日本人のご夫婦で、年金が(2人で)毎月30万円以上あり、日本の
自宅を20万円くらい(?)で貸しているので、月収が推定50万円以上。
このご夫婦は「セブ島は天国だ」と言われています。
25万ペソといえば、セブ島のサラリーマンの年収ですからね。
by セブノスター (2011-01-31 00:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0