So-net無料ブログ作成

オール電化にしました





昨日のバスジャックは本当にフィリピンの未熟さを世界にさらけ出してしまった事件でした。犯人の弟さんを連れてくる神経がよく判りません。今回殺されたのがもしも日本人観光客でしたら日本から非難囂々になると思います。今回のフィリピン側の対応には中国サイドもかなりお怒りみたいで・・・。こんなに大事件が起こっても残念ながら何も変わらないのでしょう、いつもの様に。

と、大事件が起きている間に円は83円を突破しました。管首相や日銀総裁が何も策を出さないのでますます円高になっていきます。正直この円高は零細企業に取ってはキツいです。介入なり金融緩和して対策を打ち出さないと円高不況になりかねません。

昨日の大事件のために記事の内容が変わってしまいましたが、本当はこの記事を書こうと思っていました。我が家もオール電化に変えました。今までもIH調理器など使っていて給湯器以外はほぼオール電化状態でした。今回ガス給湯器からヒートポンプ給湯器に変えて、ガスを閉栓し、無事にオール電化への移行が完了しました。

ほとんどの方がご存知かと思いますが、関西地区の場合のオール電化を説明します。ガス機器を全て使わず電気にするとオール電化プラン、関西ではハピeプランというのが適用できます。通常であれば24.21円/kwが時間帯によって大幅割引となります。23時から7時までは70%Offの電気代で、7時から10時、17時から23時までが20%Off。10時から17時までが4%程高い値段です。つまり深夜に電気代を使うお湯などを貯めておき、昼間は学校などで家にいないので基本的には電気を使わず、家にいる時にはかなり安い値段で電気が使えます。

現在我が家は電気代とガス代は夏場は合計で3万円近く使っていますが、試算ではこれが1万円前後にまで下がる計算になっています。この給湯器を購入するのに50万円ちかくかかるのですが、電気代の節約分が相殺してくれる事になる(はず)です。国からの補助もありますし、今ならかなりお得です。どのくらい電気代が下がるのかまたレポートします。

ただオール電化というか給湯器を変えた感想を一つだけ。水圧はガス給湯器と比べるとかなり落ちます。我が家はそれを懸念して高圧式の給湯器にしたのですが、それでもガスの時と比べたら若干落ちます。普通の圧力でしたらかなり落ちると思います。またメーカーによって(パナソニック、三菱)も水圧が異なるようです。それが嫌な人は高圧式をぜひ選んでください。

こういう制度を見ると本当にフィリピンと大きな差を感じます。Meralcoが牛耳っている限り電気代が下がる事はないでしょう。しかしフィリピンはアジアでもトップクラスの高額の電気代です。ガス給湯器というのがないので、フィリピンでは既にオール電化の人も多いと思いますが、何もメリットはありません。自分の家では日本円でPhp11(22円)/kWの電気代で、事務所はPhp18(36円)/kWも払っています。以前にも書きました通り、私の家の電気代はフィリピン従業員の1ヶ月の給料です。この件についてはいろいろと調べてきてわかった事がたくさんあります。MeralcoがDevelopperのコンドミニアム、例えばRockwellは電気代が格安という噂があったり、ビル毎に電気代の単価が違ったりしているという事実をつかみましたのので、それはまた別の記事で紹介します。

今回はいつも以上にフィリピンと日本の差を感じた滞在です。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 3

オール電化屋(笑

この度は大変お世話になりましたです
取り敢えず無事にお使いいただいてるようで何よりです(・∀・)

Akira様のお仕事の益々の御隆盛をお祈りして
またお会いできる時を楽しみにしています。
by オール電化屋(笑 (2010-08-28 20:00) 

TAME

日本の場合は、電気代を値上げするのも、値下げするのも国の許可をとってからになります(燃料費調整は別)けどこの国はこういう企業が政府よりも強いんですかね。従業員の給料も15分の1程でしょうし設備投資も日本とほど遠いのに料金は同等かそれより高いとは信じがたいことです。ただ発電コストと料金回収率はかなり日本のほうがいいでしょうけど、人件費でそれ以上の利があると思うんですが。なにかあるんでしょうね。
ところで電力が足りなくなるのがフィリピンのたくさんある問題の1つみたいですね。ルソンはもうそうなっているんでしょう?セブもここ1、2年で足りなくなるみたいです。(ホテルがたくさん建設されてます)驚いたことにセブには発電設備がなくレイテから送電されているそうです。私の前職は某電力会社(東電、東北、北陸、関電ではありません)でした。ある年の担当業務ではオール電化の促進(料理教室や講演)と同時に原子力発電の講演や引率を遂行しておりました。安全を強調してましたし今でも私がいた電力会社の原子力発電所は、そうであると思っています。ただちょっと複雑な心境です。コメントが人生相談みたいになってすいません。
事故が起こる前までは脱マニラのコメで書いた行政3分割のうえセブは原子力を作り州営で経営するのを妄想していましたので・・・
日本であれだからフィリピンでは無理ですね。
by TAME (2011-04-13 11:46) 

Akira

TAMEさん、最近非常に為になるコメントが数多く有り嬉しい限りです。Meralcoは私が嫌いな会社の一つです。ご指摘のとおり、アジアで一番電気料金が高くなったのは紛れもなくこのMeralcoです。どうしてそんなに高くなるのかよくわかりません。このご時世で石油や石炭の価格があがり、火力発電100%ならわかりますが、この会社は以前から高い値段でした。理由は彼らが独占しているからだと思います。Kenさんのコメントにもありましたが、PALは昔は独占状態だったので価格を吊り上げていましたが、競合の登場でその価格は下がりました。メラルコもきっと同じ状態でしょう。

私は原子力発電が完璧だと思いませんが、現実を考えた場合、フィリピンや日本など資源がない国はそれが一番現実的です。太陽光発電や地熱発電、風力発電などいろいろありますが、普及には難しいでしょうね。
by Akira (2011-04-13 18:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1