So-net無料ブログ作成
検索選択

嫌な奴はどこにでもいる





今回の話はフィリピンにもこんな嫌な奴もいるというお話です。事件は今日起きました。本当なら展示会の話を書こうと思っていたのですが腑が煮えくり返っているので急遽その話題を書きます。

展示会が終わって日本からサポートに来ているサプライヤーさんを乗せて夕食をとるべくFortに向かいました。 駐車場は地下に置くといっぱいの事が多いのでMarket Marketの駐車場へ。しかし最寄りの駐車場がいっぱいだったのでしばらく待っていると近くの車が出て行きましたので入れようとすると、あとから入ってきた車が無理矢理入ろうとするのでクラクションを鳴らして警告しましたが相手も譲りません。相手はフィリピン人。つまらないことでケンカをしてトラブルになっても意味がないのでそこはあきらめて他の場所を探してやっと駐車する事ができました。車から降りると先ほどクラクションを鳴らした相手が車を降りていて電話で話して(いるふり?)をしています。モールとは反対方向なのに何でこんな所にいるのかと不思議に思いましたが相手にするといけないので素通りして夕食を食べにいきました。

1時間半ほどして戻ってくると車の調子が変です。停めて見てみると何と後ろのタイヤの両方がパンクしています。同時にパンクするとは考えられないのでよく見てみると空気を入れるピンのキャップが外されていてどうやらそこから空気を意図的に抜いたみたいです。ガードマンに助けを求めて近くのスタンドにタイヤを一本持っていってもらい調べたら案の定どこも問題がなく、ピンから空気を人の手で抜いているのがわかりました。

人為的に空気が抜かれている=誰かが意図的になった事になり、思い当たるのが先ほどクラクションを鳴らした相手です。確かにクラクションを鳴らして注意をしたのが大人げないかもしれませんが、それを逆恨みに思って空気を2本とも抜くとは何とも陰湿で汚いやり方です。フィリピン人が、という訳では決してないでしょうし,日本にもそういう輩はいるのも確かでしょう。フィリピンだからという事はないのですが、こういう嫌がらせ的な事をされると本当に気分が悪く、むかつき腑が煮えくり返っています。

まあそういう人間に逆恨みされてそんな事で命を落とすような事がなかっただけ良かったかもしれません。あ、でもそのフィリピン人の顔は絶対に忘れませんよ。世界中に嫌な人間はいますが彼ほどの人間も珍しいです。まあ、どこにでも嫌な人間はいるという事です。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

Shusei

そういう時は、相手が犬か猫だと思い込むんです
そんで、忘れる。それしかない。


by Shusei (2009-02-20 10:53) 

香港太郎

それはエグイですね。

今回の話を読ませていただきながら私もはらわたが煮え繰り返りそうに
なりました。

クラクションぐらいで、しかも本人が後から来て割り込んできたにも
関わらず........

私もよくブチ切れてクラクションを鳴らしまくることがあるのですが、
それにしても今回の行為は許せないです。

本当にこの国の敬虔な信者達は偽善者が多いような気がします。
by 香港太郎 (2009-02-20 13:24) 

manamana

日本でもちょっとした諍いから
殺人事件に発展するニュースがひっきりなしです。
残念ながらフィリピンでもそんなことがあるのですね。
お気の毒です。
by manamana (2009-02-20 22:17) 

KAZU

私もメルマガに書きましたが、良くあることです。
まさにShuseiさんのコメントの通り犬、猫を思うことですね。
殺されなかっただけでも良かったと思って忘れましょう。
by KAZU (2009-02-21 17:31) 

Jay

putang ina yan ドンマイドンマイ!
by Jay (2009-02-23 13:45) 

TSUGU

どこかの国の諺に、「嫌な奴に対する最大の復讐は、幸せに暮らす事だ」というのがあるそうです。嫌な奴はどこかで墓穴を掘って天罰を喰らうでしょう。
by TSUGU (2009-02-23 17:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0