So-net無料ブログ作成

フィリピン技術者採用のポイント


円が急騰していますね。以前の記事の通りになってきました。100円を切るのも時間の問題かもしれません。でも切るか切らないかぎりぎりの線で踏みとどまりそうな気もします。ペソも安定して40ペソ台をキープしているので¥1=0.39から0.4前後をうろつきそうです。実は帰国前レート0.37の時にお金を替えたばかりです。いつもタイミングが悪いというか・・・。0.4となったら久々ですね。在比邦人の一部の方には朗報ではないでしょうか?私も現段階においてはまだ大丈夫ですが、最近ペソ建ての商売も増えてきており、これ以上円が高くなっても簡単にペソ建ての値段を上げる事ができません。もちろん為替リスクを考慮に入れた計算をしていますが、為替だけは相場がわかりません。日本から何かを仕入れて物を売ったりしている人には円高は好ましい状況ではありません。やっぱりフィリピンで仕入れたり、飲食業をしたりした方が安定して儲かるのでしょうか?いい面がある時は必ずリスクを見なくてはいけません。

さて、先日書いておりました技術者の件ですが帰国前に正式に1人雇う事ができました。但し、皆さんのご忠告の通り6ヶ月間は試用期間として最低賃金で働いてもらいます。今後の皆さんのご参考になるかもしれませんのでまわりから聞いた話や今回経験した事をまとめて書いてみます。

私の仕事で必要な技術者はいわゆるサービスマンというか、フィリピン人ではテクニシャン(あっちのテクニシャンではありません)が必要で、私のパートナーの会社からECEのコースを取った人がいいという事で募集をかけました。以前にも書きましたが200人以上の人が応募してきましたが、それを30人に書類で絞り、インタビューに実際に来たのが10人程度でした。(あとは冷やかしか他の会社に行ったと思います。)応募者の中にはLagunaテクノパークに働く日系の会社からもたくさん応募がありましたが、日系の会社で働いていた人は給料が高くて雇えません。

出身大学はフィリピン人の多くの人から技術系だったらMapuaかDon Bosco、UP、De La Salle、PUP、TIPなどを奨められましたが、私が知っている限りMapua出身者にいい印象を持っており、今回決定した技術者もMapua出身です。ただセールスに関しては私は将来的にはUP出身者を取りたいと思っています。ラサールやアテネオなどいいといわれていますが、所詮はおぼっちゃま大学です。私は過去UP出身者に多く会いましたが一人としてはずれはいなかったですね。学校がその人の能力を決める訳ではありませんが、ある意味指標となると思います。その意味で私はUP出身者は高く評価しています。

応募者の中にはコールセンターで働いていた人もいましたが、ほとんどがあまり能力がないのに高給で英語がしゃべれる事で能力が高いと思い込んでしまい、面接でもいろんな要望が多かったり、給料も法外な値段をふっかけて来る人もおりました。フィリピンではコールセンターが花形ですが、正直言って実際の能力と比較して給料がちょっと高めだと感じています。最低でも15,000〜20,000ペソですからね。せっかくいい大学を出て、コールセンターで働いて、自分の能力を活かせずに何年も過ぎて、コールセンターの契約が切れた頃に他の会社の技術者としては使い物にならずに無職になっているという話もよく聞きます。今回の選考でもコールセンターからの転職社は極力避けました。

彼には私が帰ったあとの15日くらいから働いてもらいます。6ヶ月後使い物になるようでしたら正社員に昇格です。使い物にならなかったら次の人を探します。これはフィリピンでビジネスを行う利点と考えて、いい人をどんどん探していきたいです。正社員になったらInsentiveが必要です。どの会社もいろんなインセンティブを与えて会社に引き留めているのですが、私のパートナーの会社はちなみに3年間連続して働いてめざましい功績を残した人には新車をプレゼントします。(Viosクラス。但し会社所有が5年間で、車をもらったあとはその5年間働かないと自分の所有権にはなりません。5年を無事に終えるとさらに新しい車がもらえます。)給料はそれほど多くないのですが、車をあげるという事を給料に換算すると月1万ペソくらいをあげている事になります。やはりそのくらいのインセンティブをあげないと会社に残ってもらえないのが現実です。所詮フィリピン人ですから会社への忠誠心よりも打算的にお金を常に念頭においていますから仕方がない事かもしれません。

今回の技術者は経験者で採用しましたが、現在新卒でも募集をかけています。2名を雇って、よければ2名とも採用で悪ければどちらか、もしくは両方アウトとなります。でもできるだけ長く働いてほしいです。会社を好きになってくれると嬉しいです。私ももっと頑張らなければ・・・。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

マンタ

人を採用し雇って使う難しさ、本当に心中察します。

当時 テクニシャンという自己申告で雇ってましたが 私もあっちの方面のテクニシャンかと皮肉を言いたいほどのプライドだけは高くて、ばかばかしいテクニシャンばかりでした。
だから気心知れた人間がまだましだということで ドライバーから雇い 6ヶ月ほど経っても まともだったら ドライバーから格上げして再雇用するという形式を当時の会社はとっていましたが 海千山千ばかりの連中で彼らからいつも振り回されて 怒り心頭でしたが 表現は悪いですが 目の前に金をぶら下げれば一生懸命働いてくれました。

電気技師としてドライバーを再雇用したとき 何故テクニシャンかと聞けば 電気を触ったらビリビリと感じるとわけわからない返答で 冗談だと思い 大笑いしたら 真剣だったのにはあきれたものでした。 
こいつらオレをおちょくっとるのかと毎日頭がグラグラしてました。

by マンタ (2008-03-04 19:06) 

グァバ茶

先日の早速のご返信、ありがとうございます。

糖尿病の薬の件はまた自分にも関係してくるかもしれませんのでこちらこそありがたいくらいです。

またシュークリームの件は軽くですがレポートを見させていただいてます。
事業としてでなくお客としてなら他の洋菓子にもチャレンジして欲しいですね。
チーズケーキとかミルフィーユ、ベルギーワッフルとか。
フィリピンだったら極甘ティラミスなんか流行るかも知れません。
フィリピンでも珈琲館の洋菓子はそれなりに美味しいらしいですが、それ以上に高いと聞いたので(笑
フィリピンって何故にあんなに乳製品が高いんでしょうねえ~

バナナはバナナチップを日本でもフィリピンでもよく買ってるので気になるところですが、一応日本に入ってくるフィリピン産バナナは日本に入って来る時でも青色です。
保税倉庫で薬剤で虫を殺してから取り出して倉庫で加工(ガスで燻製みたいな事をして熟成)して指定のカラード(バナナ会社の色の規格)になっらた店頭に出荷ですね。
これをしなかったら台湾産でも不味いです。

日本の食品の衛生の事ですが確かに意識は高いですが、適切な対応してるかどうかと言えば会社によってかなり違いますね。
一般的に出荷した時に目に見えてお客にわかるような問題にはお金もそれなりにつぎ込んで対応してますが、それ以外はどうかなあって思います。

たとえば工場に虫が発生しました。
そこの会社の方針として工場で虫が発生するのは恥ずかしい事なので駆除を他社に依頼するのは恥ずかしいと思ってる工場責任者も居ます。
金も問題だけでなく虫が発生した事を上に報告すると自分の評価が下がると思って自力で対応するのですが、知識が無く虫なんてすべて殺虫剤で殺せると思ってる人も居ます。
日頃社員に工場の入出時にはエアーをかけて長靴は薬剤に浸してキャップをかぶり手を水で洗って乾燥してからエチルで消毒とかそこまでしててもです。
食品加工機材も毎日チェックしててもです。

また食品ネタ(特に衛生とお菓子や生鮮品)が有ったら振ってください。

by グァバ茶 (2008-03-04 20:10) 

Akira

マンタさん、結局フィリピンでは日本的な雇用の仕方というのは極めて難しいのでしょうね。でも私はできるだけ人格を重視して採用するようにしています。人格第一、腕は二の次といった感じでしょうか?しかし技術者も見極めが難しいです。図に乗るとすぐに偉そうになりますからね。偉そうでない技術者は見たことがないです。その上責任力は皆無です。なかなか一筋縄にはいきません。
by Akira (2008-03-07 18:55) 

Akira

グァバ茶さん、文中から察しますとかなりの食品工場通ですね。もしかしたら業界関係者でしょうか?私も一応食品関係の仕事をしておりますので変なことを書かないか焦ってしまいます。

確かにフィリピンではものすごい甘い洋菓子が好きですよね。私の口には合いませんが・・・。私がケーキ屋さんをしたら単純に生クリームのケーキを作ってみたいです。確かに乳製品は高いですよね。牛がいないのでしょうか?(カラバオばかりだったりして)ただ生クリームのイチゴケーキでも材料が残念ながらフィリピンでは手に入りません。日本では今や一年中イチゴケーキが売っていますが、あのイチゴは冷凍保存なのでしょうか?それとも特殊栽培なのでしょうか?フリーズドライで保存とかできないんでしょうか?

確かに日本の食品工場もひどい所はひどいですからね。あの不二家さんだって事件の前には徹底していたかと言えばそうでもありません。他の工場もどうかといえば・・ノーコメントです。ただフィリピンに関して言えばまだまだですね。衛生という概念すらないように思えます。

エアーシャワーの設置率と言えば0.5%以下ではないでしょうか?長靴に薬剤?手に消毒液?エアータオル?キャップ?手袋。フィリピンには全く無縁です、ハイ。
by Akira (2008-03-07 19:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1