So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Kissako 3オープン





今は日本にいます。秋の日本、特に京都はいいですね。マニラなど四季が感じられない所にいると変化がなく、面白みも欠けますが、季節感を感じながら生活しているとメリハリを感じます。今回紅葉を見に行ったところをまとめてみました。

IMG_6371.JPG

今回日本に帰っている理由は運転免許の更新、パスポートの更新、東京・長野への国内出張などあり、ちょっと忙しかったです。しかし免許やパスポートの更新は本当に便利になったと思います。京都府ですと京都駅前のヨドバシカメラの横に運転免許更新センターというのができて、優良ドライバーはそこで更新が可能です。人が少ないせいか、全く待つ必要がなく、受付から写真撮影まで5分で終わりました。その後の短い講習を受けてあっという間に終了です。パスポートも京都駅構内にあり、19時まで空いているので本当に便利です。

その反面、フィリピンは・・・・。先日も書きましたが、フィリピンという国に生まれてきた人は本当に不幸というかかわいそうというか。パスポート一つ取るだけに数ヶ月。運転免許証をもらうのにも数ヶ月。その間は何もできません。フィリピンは全てにおいてイライラしますが、その中でも役所関係が圧倒的にフィリピンは劣っているというか遅れているというか・・・。前回も書きましたが、フィリピンが急に休みになるのは単純に役人たちが怠け者で、彼らが単純に休みたいからだけのような気がしています。10年以上ここでビジネスをしていますが、根本的な進歩は見られていない気がします。

さて、11月下旬から12月に渡り、バタバタしそうな案件が目白押しです。日本人のほとんどの方にはあまり関係のないお話ですが、Kissako 3がオープンします。場所はMegamallのBldg 1の1階です。今までの店は抹茶中心でメニューを作っていましたが、この店はどちらかと言えばコーヒーをメインにします。日本のスペシャルティコーヒーの第一人者でもある堀口珈琲を中心に「Japanese Style Coffee」としてハンドドリップで出していきます。ブレンドコーヒーは数種類常に提供し、シングルオリジンコーヒーを数ヶ月ごとに種類を替えて提供します。シングルオリジンは他店舗では展開せず、Megamall店だけの提供となります。シングルオリジンを淹れるバリスタも限定し、日本の堀口珈琲のトレーニングを受けた認定バリスタだけが淹れるので、味は安定したものを提供します。その分値段を上げるつもりです。値段を上げる分、その価値が出せるようなコーヒーを提供していきます。またブレンドコーヒーも堀口珈琲推薦のドリップマシーンを導入予定で、味の均一化を図ります。Espressoベースのコーヒーも増やしていく予定です。ケーキ関係も抹茶味に限定せず、いろいろなケーキを提供していきます。

ここマニラでカフェを3年やってきて思うことは、実は珈琲の味を分かる人が本当に少ないなと思います。極端なことを書けばネスカフェとスタバの違いがわからないというか、スタバとうちのコーヒーの違いはほとんどの人はわからないのが現状です。うちのコーヒーを楽しんでくれる人は同じ業界のカフェやレストランのオーナーさんなどです。やっぱりたくさんのいろいろなコーヒー(美味しい、マズイを含めて)を実際に飲まないと違いがわからないと思います。ネットとかで批評・評論をしている人のほとんどが色々なコーヒーを試したことがない人が書いている気がします。(それは日本人も同じかも)「コーヒーのことはオレが一番知っているぜ」みたいな人ほど、砂糖をガバッといれ、ミルクをガバッと入れているのをたくさん見てきました。コーヒーの飲み方はいろいろな方法があっていいと思いますが、砂糖をガバッと入れたら味の良し悪しを比べるのは難しい気がします。

理想をいえば、コーヒー通のひともそうでない人も、それぞれが楽しめるコーヒーを提供し、同じようにその価値をわかってお金を出してくれる人、そうでない人もセレクションをたくさん用意できればいいなと思います。マニラで一杯600円のコーヒーにお金を出す人は限られています。ほとんどいないかもしれません。でもそういうコーヒーがあってもいいと思いませんか?その価値が分かる人にぜひ来てもらいたいと思います。

まあ日本人向けの店ではないので、皆さんの興味もないと思いますが、お近くに来た際はぜひお立ち寄りください。スタバや他のコーヒー屋さんと比べたら遥かにおいしいコーヒーが飲めると思います。それはちょっと自信があります。まあでも来たらガッカリするかもしれないので、日本人の方はお近くのお店に行ってください。うちはあくまでローカル向けです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

Walang Pasok




昨日11月3日はiPhone X 発売日。予約日に確保できず、1ヶ月待ちを覚悟しましたが、やはり発売日にどうしても欲しくなり、「どうやったら買えるのか」と考えた結果、「もしかしたら大手家電量販店のショップに並んだらいけるのではないか」と考えました。前の日にヨドバシカメラに寄る予定があったので店員さんに聞いてみると、iPhone 8の時も予約以外で入荷があったと聞き、意を決し並ぶことにしました。当日並んでいるのは20人程。それも全て予約の人ばかり。予想は的中していました。フリーの在庫が何個か入荷しており、私はそのうちの1つをゲットすることができました。

iPhone X はすごいです。秀逸です。詳しくはまた別の記事に書きます。

さて今回のタイトル「Walang Pasok」の意味は「明日は休日(仕事がない)」という意味で、ニュースやツイッターでよく見かける言葉です。この言葉を最近よく目にするようになりました。今年はフィリピンに上陸する台風は極端に少なかったのですが、熱帯低気圧や台風が上陸しそうになると毎回学校はまず休みになり、また公務員も休みになる時も多いです。フィリピンの気象警報はSignal 1〜3に区分されていて、1の段階で休みになることが多いです。また交通機関がストライキなどの場合もこの「Walang Pasok」が炸裂します。普通の会社に勤めている人は働いているのに公務員が休みって意味がわかりませんが、先月もJeepnyのストがあり、2日に渡って休みになりました。(うちのスタッフ全員問題なく出勤していましたが)11月2日も一部地域は突然休みが発表されたりして。

とにかく、この気象条件による休みが年間7〜10日。大統領の気分などで突然休みになるのが年間3
〜5日。日本人だとこんなに休んでいたら逆に国民から苦情が出そうですが、基本フィリピン人はナマケモノ。休む方が彼らにとっては幸せなのです。

で、フィリピンは祝日はどれだけあるのかと2018年の場合を数えてみると何と18日もあります。
http://primer.ph/blog/genre/all/2017-07-21-list-of-2018-holidays/

日本は来年は17日で、実はフィリピンの方がたくさん休日があるのです。会社を経営している身としてはこんなに祝日があったらたまったものではありません。特に飲食店の場合は、予定外の休みになったらそれだけ休日手当を払わなくてはいけません。

お子さんがフィリピンの学校に行っていたら上記の休みが丸々休みになります。オマケに土曜日に学校に行くという習慣はありません。夏休みは4月、5月の2ヶ月。11月の学期末の休み。年末のクリスマス休みが2週間。どれだけ休んだらええねん、というほど休みます。日本では「ゆとり教育」が学力低下を招いているとして批判の的になっていますが、フィリピンはゆとりどころの騒ぎではありません。子供の頃から休んでいてばかりでは、大人になってついていけなくなるのは仕方がないかもしれません。

最近までフィリピンの学校は大学までは6年+4年の10年しかありませんでした。最近でこそK12という制度が出来て、6+6年の12年制になったばかりです。12年制にまだ慣れていません。実験段階といってもいいかもしれません。一方で大学に進んだら職業訓練校以上に即戦力の知識や技術を詰め込まれます。だからエンジニアやITプログラマーなど優秀な人が多いのはそのせいです。全てがアホではないですが、日本の学校で学ぶような知識がなくても人材として優秀なのは、大学での勉強が多いに関係していると私は勝手に見ています。大学で本当に相当キツイ勉強を強いられているのをみると、小学校のうちから教えておけばいいのにと思う一方、現実的な大学の教育方針はある意味見習う点もあると思います。




nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

ようやく取得できた





ようやく取れた。まさにこれが素直な実感です。

昨年からフィリピンの輸入者ライセンスの更新を行って来ましたが、昨年から基準が変わり厳格な審査になりました。毎年問題なく更新を行ってきましたが、まさに青天の霹靂。うちの会社名でもライセンスが中々降りず、結果通関ができず、代行業者に依頼をしてお客様には迷惑をかけましたが、今後は以前の通り輸入業務ができます。ライセンスが取れるまで1年以上を費やしました。

どうしてそんなにかかったかといえば、税関(BOC)側よりもBIRを今回巻き込んだので、簡単には進みませんでした。(BOCとBIRは汚職の温床No.1と2) 過去8年ほど前まで遡って税金の支払状況をチェックされ、不備があったり矛盾があったりするとその度に書類を提出し直すハメに。最後にはコンプライアンスのためにフィリピン人役員全員のNBIクリアランスまで取得させられることに。

このライセンス更新に当たっては、袖の下が通らずどの中小の会社でも1年以上かかって更新している会社が多いようです。

日本においても輸出入者は「税関発給コード」の取得を奨励されていますが、この発給には極めて簡単なシステムで対応して、一週間もあれば完了します。

フィリピンでは最近輸入品についての検査が厳格化していると聞きます。8月にコンテナを代行で輸入してもらいましたが、その時はまだ厳しくなかったので3日で通関されましたが、今は時間がかかっているようです。先日記事にも書いたバリックバヤンも厳しくなっているようなので、今までのように何でも日本から輸出は難しくなると思います。

フィリピンでビジネスをやる際の最大のデメリットは制度がコロコロと変わることです。大統領が変わったら大きく制度が変わります。税関の長官が変わってもコロコロ変わります。その度に業者は振り回されてしまいます。

フィリピンという国は「フィリピン人」を介すると全てがダメダメになる気がします。全部システム化したりロボットで自動化した方が効率的な気がします。フィリピン人が絡むから汚職が蔓延してどうしようもなくなります。以前から税関関係で働く人の派手な豪遊ぶりは以前から有名でした。政治家も同じです。私の知り合いに政治家の奥さんがいるのですが、まあどこからその金は沸いてくるのだろうと思うほどです。数千万ペソするコンドを何件もマカティ市内やBGCに持ち、車はBMWの5シリーズやAlphard、Lexusなど高級車ばかり。毎月のように数百万ペソするバッグや時計を買っています。特にビジネスをやっているわけでもなく・・。

先日の記事ではありませんが、こういう人を見ているとフィリピン人ってかわいそうだなとつくづく思います。ただこういう人は落ちぶれるのも早いです。不思議と。日本人でも同じですけど。苦労もせず稼いだお金は消えるのも早い。儲かったと思って今まで使ってこなかったものに浪費をし、気がついたらお金がなくなっていたというのはよくある話です。

話がそれましたが、本当にフィリピンでビジネスをしようとすると苦労します。先日ご指摘いただいたアンチダミー法もそうですが、落とし穴がたくさんこの国にはあるので気をつけてください。ネットやTwitterなどで「こんな商売やっています」と書いている人ほど、実は違法だったりします。観光ビザで一切のビジネスはできません。1ペソたりとも受け取ることはできません。最低限のことは理解しましょう。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

マニラの驚異的な売上の売店





皆さんは「IRVINS」というお店をご存知でしょうか?1号店はメガモールのファッションモール館の入り口の入ったすぐの場所にあります。最近2号店をBGCのハイストリートの丸亀製麺の目の前に出店しました。

私もある方からこの店のことを聞くまでは知りませんでしたし、毎週のように通っていても気にもかけていませんでした。この店はメガモール(全てのSMかもしれませんが)でいちばん売上が多い売店(キオスク)なのです。本当に小さな小さなブースで、販売しているのはポテトチップスのみ。100gと300gの2種類の大きさと2種類の味だけの販売です。100gが300ペソ、300gが600ペソです。

メガモールの開店時間が10:00とともに販売開始し、毎日12:00には売れ切れるそうです。(2時間のみの営業時間)2号店はまだそんなに有名ではないせいか先日通りかかったときには行列もなく、商品も購入することができました。

毎日の売上を聞いてビックリしました。

1日の売上は毎日30万ペソで一番最初に開店した時の売上は何と140万ペソだったらしいです。もう一度書きますが、販売しているのは2種類の味のポテトチップス、100gと300gだけです。つまり月に900万ペソをポテチで販売しているのです。(売上額は確かな筋から入手しましたので間違いありません。)

先日購入できたので早速試食してみましたが、「Salted Egg味」がやみつきになるという話でしたが、私は「この味の何がスペシャルなのか?」と思うほど普通のポテチでした。でも確かに私の前に並んでいた人は600ペソのポテチを7袋購入していました。

IMG_3696.JPG

ポテトが特に美味しいわけでもなく、最近湖池屋さんが販売しているプレミアムポテチのほうが私は好きな味です。IRVINSというのはシンガポール発の会社らしいのですが、何がそんなに受けるのかもう少し秘密を探ろうと思っています。

しかし何がウケて、何が流行るのか全くわかりません。100g300ペソ、日本円で650円もするポテチを買う方も買う方です。日本でポテチは高くても150円までです。この味がそんなにウケるのなら知り合いのスナックメーカーにお願いして同じような味を再現してもらおうと本気で考えています。

こちらが高級品の代表格なら、今フィリピン人の庶民にウケているのが「格安ラーメン」らしいのです。80ペソラーメンを屋台で提供していて、マニラ首都圏のいろいろな場所にオープンしています。味はそれなりのラーメンですが、この価格がフィリピン人のハートをガチッとつかんだようで・・・。

どのようなラーメンか食べたことはないのですが、きっと中華スープの素を水で溶いて、どっかで買ってきた麺と卵とチャーシューを乗っけているのでしょう。まさに「なんちゃってラーメン」であり、望むべくもありません。ましてやそういうものを提供しているのが日本人であるのならある意味ショックですが、店のオーナーはフィリピン人が大半とのことです。

IRVINSのような価格の高いスナックが売れる一方、格安ナンチャッテラーメンももてはやされているフィリピンって何だろうとも思ってしまいます。

フィリピンでのマーケティングって本当に難しいというかセオリーが読めません。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

フィリピン人はかわいそう





相変わらずフィリピンにいて、相変わらず何も変わらないマニラの毎日です。この2ヶ月ずーーと仕事をしていた気がします。でも全然OKです。つまらないマニラの毎日を何もなく過ごすよりは仕事をしていたほうがずっと幸せです。

最近行ったレストランやラーメン屋のことなどちょっと昔なら話題にしていましたが、最近は書くのも億劫になっています。ブログなどで話題になっている店は一通り行きましたが、特筆すべき店はありませんでした。(不味かった店は星の数ほどあるけど)

あ、ラーメン屋と言えば、あのミシェランで初めて星を獲得した東京巣鴨の「Japanese Soba Noodle蔦」がマニラのBGCハイストリートにできるようです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000005214.html

昨日もハイストリートを歩いていたら改装中のお店を発見しました。このニュースにはちょっとビックリしました。

IMG_3680.JPG

日本でも整理券を朝早くからゲットしないと食べられない超人気店がマニラに来るってすごいですよね。

話は変わりまして、

昨日と今日は全国で一部臨時休日みたいな感じになるそうです。公共交通機関がストライキを決行するとかでお役所や学校は休みになるようです。きっと会社に来れない社員がたくさんいるんだろうな。こういうことを含め「フィリピン人ってかわいそうだな」と思うことがしばしばあります。

こんなことがありました。スタッフの一人がセブパシのセールで格安チケットを手にしたのでパスポートを取ろうとしたら、数カ月先までパスポートが取れないのが判明しました。私もよくわからないのですが、パスポートの申請には最寄りの申請場所まで本人が行って申請をしなくてはいけないのですが、その申請をするために「申請予約」をしなくてはいけないようです。この予約枠がマニラ首都圏のどの場所(パサイ市のDFAとメガモールの2ヶ所)も4〜5ヶ月先まで一杯らしいのです。(現在の状況は不明なので最寄りの機関に確かめてください)つまり航空券が手に入ってもパスポートが取れない状況が続いているらしいのです。

うちのスタッフもその影響でパスポートの予約枠が取れたのが来年1月末。チケットは12月なので捨てるしか方法がありません。さぞかしその申請がややこしいかと言えばそんなこともなく、書類審査、支払い、写真撮影くらいで30分くらいで終わるそうです。

ただ書類審査といっても、これが曲者です。地方出身の人によくあるのが、Birth Certificateがいい加減に書いているので、書類審査が通らないケースが多くあるそうです。スペルが間違っていたとか、汚い字で書いているので読めないとか生まれた年が他のIDと異なるとか、「いい加減な役所」に起因するケースがほとんどです。それを訂正するのがまた一苦労。

フィリピンの役所関係がダメダメなので、こういうことが平気で普通に起きています。同じようなことが運転免許でも起きていました。つい先日まで免許証の紙というか原紙が足りなくて免許を更新しても免許証がもらえないということが起きていました。(今もそうなんでしょうか?)車のプレートなどは、フィリピンで製造しておらず、輸入元が不正を働いていたとかでプレートの発行を停止しているとかで、私の車も購入して1年以上経ちますが未だに新しいプレートは発行されていません。

一昔前の日本のお役所もひどかったですが、ここまでひどかったことはなかったと思います。基本的に金持ちであろうとなかろうとルールに従えばこのひどいシステムに従わざるを得ません。(一方でコネがある人は苦労をしなくても取得できるのが逆にひどいなと思いますが)

結局こういうところが発展途上国らしいところです。他の東南アジアの国のシステムは知りませんが、フィリピンほどひどいのでしょうか?もしかしたらフィリピン以上にひどい国はたくさんあるのかもしれまん。でもフィリピンにずっと滞在してつくづく思うことは「日本人に生まれてきてよかった」ということです。私がフィリピン人に生まれてきたらやっぱり海外に脱出することを目指すと思います。「金持ちはもっと金持ちに。貧乏人はもっと貧乏に。」なる国なので夢も希望もありません。もっとも最近の日本の息がつまるような雰囲気も嫌ですが。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

フィリピン人にオペレーションを任せると





昨日起こったことを書きます。(全て事実に基づきます)

フィリピンに滞在している時はファーストフードを頼むことが多いです。理由はフィリピン料理が口に合わないのと、何が入っているかわからないフィリピン料理(賞味期限切れの食材を使ったり、前の客が残した料理を使いまわしたり)を頼むよりファーストフードのほうが安全だと思うからです。(ファーストフードが安全とは言っていない。フィリピンレストランとの比較において)昨日もマクドでビッグマックを頼みました。30分、1時間待っても来ません。1時間後にしびれを切らして電話しました。「すぐに確認して電話します」と電話を待つこと30分。「すいません、今からすぐに持って行きます」待つこと更に30分。ようやく来ましたが、2時間はさすがに待てなかったので自炊して食事はもう済ませていました。丁重にお断りしましたが、「ただでいいので受け取ってください」という言葉にちょっと誘惑されましたが、お帰りいただきました。

その後、日本からお客様が来ていたので、フィリピンのユーザーと一緒に会食。場所はBGCの鼎泰豊。中に入る前にいつものように注文表に書き込み、受付嬢に注文表を渡し、案内されて席に着きました。別に飲み物を注文し、仕事の話で盛り上がり、食事を待っていましたが何時になっても食事が来ません。ウエイターに催促をすると、「すいません、注文が通っていませんでした。」と驚きの返事。もう1時間も待たされています。先ほど頼んだビールも全く冷えておらず、氷を持ってくる始末。マネージャーを呼んでもらい抗議すると「デザートを無料でつけます。会計も値引きします。どうかお許しを」というのでこれ以上文句はいいませんでした。食事が終わって会計をすると先ほどマネージャーが言った値引きがされていません。会計に15分以上かかったのはいうまでもないです。

その接待で色々あったのでほとんど食べれなかった私。お腹が空いていたので仕方なく帰りに再びマクドへ。フィレオフィッシュを頼んで、待っている間昼間の出来事をマネージャーにクレームをつけ、テイクアウトで家で食べようとすると・・・・・。中のフィッシュフライの部分が揚げ過ぎで石のように硬くなっていました。ゴミ箱に直行です。

「マクドで何を期待する」という人は素人まるだしです。マクドはフィリピンでも厳しい社員教育で有名です。分厚いマニュアルを読まされ、徹底的に教育されます。でもこの有様。あの鼎泰豊もこの有様。ほぼ全部のサービスでこのことは当てはまります。

「フィリピン人にオペレーションを任せると必ず劣化する」

これがフィリピン人の実力です。仕方がないです。どんな教育をしても劣化をしてしまう。仕事は長続きしないからすぐに新しい人に教えなくてはいけません。これを理解していたら不思議に怒りなどこみ上げてきません。私もそういう環境に身をおいていて過去同じような事が何度も起きているのでもうわかっていることです。「すぐにフィリピン人は仕事を辞めてしまう」と人はいいます。でもそんなことはたくさんのブログで書いてあることじゃ無いですか?

PLDTにしてもGlobeにしてもフィリピン人が関わっている限り何も望めません。PALもセブパシも同じです。何を望めばいいのでしょう?フィリピンのドライバーや交通ルール。違反もしていないのにイチャモンをつけてくるトラフィックエンフォーサー。さらにいえばフィリピンの政府機関や政府。税関やBIRの職員。言いたいことは山ほどありますが、言っても仕方がありません。

そういうところに身を置くというのことはそういうことを理解して、納得して住んでいるわけです。もうこればっかりはどうしようもない。クズであろうが猿であろうがアホであろうが民度が低かろうがここはフィリピン。納得して身をおいている限り文句を言っても始まりません。

納得していなくて嫌なら出てけばいい話です。自分は日本に帰るところがなかったら今の状況を受け入れるしかありません。最近そう思い、自分に言い聞かせています。だからといってフィリピン擁護派になるわけでもありません。

好き好んでここに来ているわけでしょ?嫌なら出ていけばいい。嫌なら会社をやめればいい。自分の価値観を人に押し付けなくてもいい。人のことをネットなどでいちいち言わんでよろしい。自分のことは自分で決める。それでいいと思いませんか?自分は何様やねん?って思いませんか?私は最近自分のことそう思っています。


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:仕事

フィリピン人のドタキャン癖





最近ブログの更新頻度が極端に落ちてきました。理由は単純に時間が取れなくなっているのと、自分自身の中でブログの存在意義が以前より重要ではなくなってきているからです。

9月中旬に行われた展示会は例年になく大盛況で、展示会後の対応に追われ、一日15時間以上働いていました。それと同時に飲食ビジネスも大きなプロジェクトをスタートし、そちらも順調に進んでおります。仕事が充実してくるとどうしても他の事に割く時間が物理的になくなってきます。しかしこのブログは自分の愚痴・不平不満を書く場所と位置づけていますので、今日もいつものように書いていきます。

先日スタッフを増員すべくFacebookを中心に求人をかけました。未だに求人を募集していますが、先日の求人に対して8名ほど応募してきました。インタビューの時間設定をして各人に集合時間を伝えて、いざ当日応募者を待っていたら、実際に来たのは3名だけ・・・・。Facebook経由である程度顔やプロフィールなどわかっていたので、Job Streetなどで応募してくる人よりドタキャンする人は少ないだろうと思っていましたが甘かったです。

以前エンジニアを募集した時には200人超の人が履歴書を送ってきましたが実際に来たのは10人だけという悲惨な時があったので、その時比べればまだマシですが、3人って・・・。私はこのフィリピン人の心理がよくわかりません。集合時間を連絡して、来れないのなら「明日はいけません」と連絡をしてくるのが最低限の礼儀だと思いますが、もう昔からフィリピン人のドタキャン癖は変わりません。Text一つくらい送れるだろうと思いますが、決まって「Loadがなくて・・・」

日本人の中には「フィリピン人の労働環境って可哀相」ということを書いている人を見かけますが、逆に何が可哀相なんだろうって思ってしまいます。全て労働条件とかがわかっていて応募してきているわけで、働くか否かは本人の選択にかかっているわけです。本当にお金が必要なら、ある程度キツイ仕事や場所が遠い仕事でも我慢しなくてはいけないと思うのですが、「雇用する側が搾取しすぎ」とか書くわけです。

何か本人はそういうことを書くことで人助けをしているつもりかもしれませんが、雇う側にしてみれば大きなお世話であって、君には関係ないだろうと思います。日本の報道(特に不倫報道など)を見ていてもネットを見ていても「君には関係ないだろう」ということに首を突っ込んでくる。フィリピンでも日本人で日本に帰らない人(帰れない人)で、日本で税金を払ってもいないような人が日本の政府とか制度について論評をする。その度に「君には関係ないだろう」と思ってしまいます。

話が別の方向に行ってしまいましたが、フィリピン人のドタキャンを改めて体験して、もう何に対しても期待したらアカンなと思います。「○○してくれるだろう」という甘い期待はガッカリ度も増やしてしまいます。人はついつい多くのことを期待してしまいがちですが、現実はそんなに甘くはないです。だからもう何も期待しないし、期待を前提に動くのもやめます。同様に期待させるのもやめます。今までは誰かに何かを頼まれた時にはそれに答えようと一生懸命やっていましたが、最近はそれもバカらしくなってきました。誰かに何かを頼まれてもこれからは丁重にお断りをしようと思います。もういい人振るのはやめます。自分には関係のないことなので。誰が何をしようが関係ありません。他人の批評や批判をする前に自分自身はどうなのかと思いたいです。人を批判するような権利や人格を持っているのか?人には言えないような悪行の数々をしておきながら自分は善人面をしているような人間には反吐がでます。

自分自身のことをするのに精一杯で。また自分の家族も守っていかなくてはいけません。目の前にあることを一生懸命にやるだけ。他の人のことなどもうどうでもいいです。最近は強くそう思っています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「コーヒーセミナー by 堀口珈琲」を開催します





本日のまにら新聞の3面広告欄にも載せましたが、コーヒーセミナーを開催します。

まにら新聞の広告の版下をコピーしますので、詳細は下記の写真をクリックしてください。

Kissako Sep12広告.jpg

うちのカフェが提供している「堀口珈琲」のコーヒースペシャリストが来比して、ハンドドリップコーヒーの淹れ方とおいしいコーヒー豆の見分け方(カッピング)を実践してもらいます。本当に基本中の基本のことしかできませんが、「Kissakoがこんなコーヒーを出している」という一端がわかってもらったらと思います。基本的に日本人対象のセミナーです。参加費は500ペソです。(淹れたコーヒーは飲み放題)

「フィリピンで出すコーヒーだからどうせおいしくない」と思っている方も多いと思います。そんな方ほどこのセミナーに参加してほしいと思います。確かにバリスタによって淹れ方が違い、味の差が出てくるのはその通りです。それを最小限にすべく、堀口珈琲の方が年に一度のペースで研修を行い、私も抜き打ちで味を常にチェックしています。うちのバリスタの数人は本当にレベルが高いと思います。

「スペシャルティーコーヒーとは何か」を知るいい機会だと思います。堀口珈琲のコーヒーを飲んだら他はもう飲めません。

ぜひご参加を!

ちなみに Mall of Asia (MOA)内で開催されている「Coffee Fiesta」にも弊カフェは参加中です。9月15日18:00〜は堀口珈琲による簡単なワークショップが開かれます。こちらにもぜひお立ち寄りください。(その期間はMOAのバーゲン中で凄まじい人手が予想されます。)

また関係のない話題ですが、弊社食品機械ビジネス関係の展示会がMOA近くのWTCで開催します。9月13日〜16日までです。食品関係(特に工場向け)なので一般の人は面白くもなんともない展示会ですが、ご興味のある方はぜひお越しください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

5年ぶりのバンコク





2012年6月以来、5年ぶりにタイ・バンコクに出張で行ってきました。短期間の滞在でしたし、仕事がメインで行ったので、あまり街を見て回る余裕もなかったのですが、正直本当に5年も経ったのかと思うほどあまり変わってなかったようにも思えました。

IMG_3477 2.JPG

タイというのは私にとって実は馴染みの深い国で、初めて仕事で出張に出かけたのもタイでした。学生の時の卒論は「タイの農業経済について」書いた影響でタイのことを勉強しまくり、会社を選ぶ時は「タイに出張に行ける」会社を選んだほどです。前職のときにはタイに出張で年間5〜6回ほど行っていた時もあり、合計でも数十回近く行っていると思います。フィリピンに次いでたくさん訪問した頃のある国です。

多くの日本人がタイを好きになるように私もタイに一時期嵌っていました。タイにはなんとも言えない魅力があったと思います。前職を辞める時にタイで起業することも検討しましたが、結局フィリピンで起業することにしました。(今から思えば大きな後悔ですが・・・。)

フィリピンもここ数年経済発展を遂げて来て、日本からもたくさんのレストランも進出してきて、それなりに生活も便利になったと思っていましたが、5年ぶりにバンコクに来ると国力の差を肌で感じます。道路や鉄道などのインフラ整備などはマニラはバンコクの足元にも及びません。5年前と比べて改善したと思っていた渋滞がちょっとひどくなっていましたが、空港とつながっているエアポートリンクなどは快適そのものです。BTS、MRTを利用すれば街のどこにでも行くことができますし、タクシーも格安です。朝の通勤ラッシュ時にBTSに乗りましたが日本と変わりません。マニラのMRT、LRTと比較できません。またレストランのコスパがマニラと比べると全然いいです。マニラでは小汚い食堂に入る勇気はありませんが、バンコクでは日本人が入れる食堂がいたるところにあり、ストリートフードでも全然問題ありません。それらの値段は本当に安く、そして本当においしい。

IMG_3474.jpg

タイ料理はタイで食べると本当に美味しいものばかりですが、マニラのタイ料理店はなぜあんなに味が違うのでしょうか?正直フィリピンのタイ料理店はあんまり美味しくありません。

タイに来ると、初めてこの地を訪れたときに発展を遂げているエネルギッシュな街を見て感動をした記憶が蘇ってきます。相変わらずタイはエネルギッシュな街ですが、初めてここに来た25年前と比べてワイルドさがなくなった気もします。すごくキレイな街になっていて、スクムビット通りをSiam Square方面に向かっていくと高級ブランドが入ったモールがたくさんできています。大きな通りを抜けてちょっと奥に入ってもおしゃれなカフェがたくさんあります。そう、まるでシンガポールみたいになっています。シンガポールは私にとってはあまり魅力を感じません。街がキレイすぎるし、食事もそこそこ高い。日本食レストランも増えていますが、海外に行って日本食を食べるほどつまらないことはないです。今回タイではタイ料理以外食べませんでした。

バンコクと比べるとマニラは25年は遅れている気がします。25年前のバンコクのほうが今のマニラより栄えていた気がします。(ちょっと言いすぎかもしれませんが当たらずといえども遠からずだと思います。)渋滞は似たり寄ったりですね。バンコクは相変わらず酷い。でもマニラ程ではないですが。物価の安さもバンコクの勝ち。バンコクの最低賃金はマニラよりも安いって知っていました?スワンナプーム空港からバンコク市内まで35kmも離れているのに流しのタクシーに乗れば300バーツ以下。しかもマニラみたいに危なくないし。マニラなら2000ペソくらい取られそうな距離です。あとホテルがそこそこのレベルで安いホテルがたくさんあります。2500バーツから3000バーツも出せば朝食付きで名の通ったホテルに泊まれます。マニラのこのクラスのホテルは本当に高いと思います。

でもマニラというかフィリピンが勝っている部分。マンゴはフィリピンの方が圧倒的においしいです。それだけは間違いない。他のフルーツもフィリピンのほうが美味しいと個人的には思います。タイのマンゴは酸味が足りないので物足りません。女性もフィリピンのほうがキレイな気がします。オカマさんはタイの勝ち。本当にオカマかと思うほど美しいです。

マニラからバンコクまでPALだと300ドル以下でいけます。これからまたチョクチョク行ってみたいと思います。(上記の記事は個人的な主観になりますのでご了承ください。)


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

バリックバヤンボックスが使いにくくなる?





現在日本に帰っています。

日本に帰る飛行機の中で太ももを虫に刺され(多分ダニ?)、放っておいたらどんどん腫れがひどくなり、病院に行って麻酔をして切開手術を受けることになってしまいました。それが原因かわからないのですが、膝に水が溜まり、太い注射3本分(200cc以上)を抜く羽目になり大変な思いをしました。もし虫に刺されたら放置せずに病院に行きましょう。

いつも日本に帰ったらバリックバヤンボックスでインスタントカレーとかラーメンなどの食材を送っているのですが、今回箱を取り寄せた時に業者から連絡があり、7月にフィリピン税関から大幅なルール改正があったということです。

基本的にバリックバヤンボックスは海外で働くOFW(フィリピン人の海外就労者)もしくは海外に移り住んだ人がフィリピンに住む家族に向けて送る品物に対して、簡易通関で免税で送れるというシステムでしたが、最近はフィリピン人以外(日本人など)バリックバヤンを使って、ビジネスで使うものなどを隠して送る人が絶えず、言ってみれば密輸状態が横行している状態だったので、今回規制を強化したようです。

送ってきた通知を要約しますと、

1. フィリピン人OFWが送る時は家族もしくは親戚(4世代まで)に限り、年3回までとする。1年に送る品物の合計金額は15万ペソを上限とする。
2. 日本人が送る場合は、

・ 品物の金額は1万ペソ(日本円で2万円)を上限とする
・ 新品の製品や食品を送る場合には、領収書のコピーを添付しなくてはいけない
・ 新たにInvoiceの代わりになる「Information Sheet」を記入、添付しなくてはいけない

IMG_5673.jpg
今回出された通達

ということです。実質大幅な規制強化で、今後はビジネスなどで食材やパーツなどを送っていた人は1万ペソという制限があるので今後は実質的に送れないことになります。虚偽の申請がバレた時は日本側では公文書偽造になると業者は言っていましたが、輸出の際には特に問題にならないと思います。問題は現地でX線検査などがあって、引っかかったら箱は没収の上、廃棄となるか、高額な税金を支払って引き取ることになると思います。

元々バリックバヤンボックスは「特別な」海外輸送方法で、通常はこのようなものはどこの国も認められていないので、今回の処置は仕方がないかもしれません。DHLやEMSなど正規の方法で今後送る必要があります。ご注意ください。

普段輸出入をしている立場からすれば、1万円くらいであの大きさと量が送れるのがバリックバヤンの最大の魅力で、私は現地で必要があれば税金を支払ってもいいと思います。DHLとかFEDEXは現地輸入経費が非常に高く、以前機械のカタログをFEDEXで送ってもらったら、現地の通関費用で2000ペソとか取られたことがありました。ここまで厳しくするからにはフィリピンの税関も国際基準に則り、適正な関税と汚職のない通関をぜひ実現してほしいものです。(絶対にムリだと思いますが)

今後お気をつけください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -